更新日:2022年2月7日

ここから本文です。

令和3年度専門研修Ⅱ・A(後期)の延期による有効期間の延長措置について

有効期間が既に満了している場合や研修の延期によって研修期間中に満了を迎える場合、以下の取扱いとします。(令和4年2月7日時点)

有効期間の延長を認める期間

延期後の研修修了日の翌月の末日まで有効期間の延長を認める。(令和4年度中に限る)

注意事項

  1. 延長措置に申請等は必要ありません。
    研修修了後、早急に更新手続きをしてください。
  2. 但し、更新に必要な研修を受講し修了しない場合、また、研修修了後更新手続きをされない場合は有効期間延長の取扱いは無効となり、当初の有効期間満了日以降については、遡及して資格が失効することとなります。

有効期間の延長証明発行について

事業所や市町に提出を求められている方へ有効期間の延長証明を発行します。
延長証明の発行は必須ではありません。提出先がない方へは発行を行っておりませんのでご注意ください。

下記の必要事項を記載の上、(koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp)に申請を行ってください。
※メールでの申請、お問い合わせにご協力ください。

【必要記載事項】

  1. 氏名
  2. フリガナ
  3. 介護支援専門員番号
  4. 証に記載の有効期間
  5. 延長証明の提出先(例:○○市役所、職場等)
  6. 連絡先電話番号(日中連絡がつく番号)
  7. 備考(例:専門研修Ⅱ・A(後期)の研修日程延期のため)
  8. 備考等に研修延期のためと記載をしてください。

お問い合わせ

部署名:福祉部 高齢政策課

FAX:078-362-9470

Eメール:koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp

お問い合わせ・延長証明の発行はメールのみの受付となります。ご協力よろしくお願いします。
<koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp>