ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 認知症 > 【募集】「ひょうご認知症サポート店(事業所等)」店舗等の認知症対応力向上推進事業

ここから本文です。

更新日:2018年4月2日

【募集】「ひょうご認知症サポート店(事業所等)」
 店舗等の認知症対応力向上推進事業

認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らすことができる地域をつくるため、県では、認知症サポーター養成講座を受講した従業員等を店舗や窓口等に配置し、認知症の正しい理解と適切な対応に努める企業等を「ひょうご認知症サポート店(事業所等)」として登録をお願いしており、その取組みを支援しています。

募集案内及び申請書(PDF:421KB)

※申請はこの用紙を記載の上、FAXまたはメール送付で完了となります。
平成30年3月19日より30年度分取組み企業を募集しています(ステッカー等配布は平成30年4月以降となります)
※平成30年4月より担当課名が「高齢対策課」から「健康増進課認知症対策室」に変わります。
「高齢対策課で作成した書類でも申請は可能ですが、送付先が変更になっておりますので平成30年4月以降は下記FAX番号・メールアドレスに送付下さい。
FAX番号(078-362-3913) メール:ninchishotaisaku@pref.hyogo.lg.jp


すでに登録いただいている企業等の一覧

1 ひょうご認知症サポート店(事業所等)とは 【申請要件等】

認知症サポーターを店舗や窓口等に配置し、認知症の人への適切な対応に努める企業等のことです。

【ひょうご認知症サポート店として取り組んでいただきたい内容】

取組み 内容
必須の取組み

① 認知症サポーターの計画的な養成と継続的なフォローアップ

② 認知症サポーターを店舗や窓口等へ配置し、配置していることを明示(※1)する

③ 従業員等が認知症サポーターであることを明示(※2)する

※1 県作成のステッカー等の掲示(全国キャラバン・メイト連絡協議会、市町作成のステッカー可)

※2 いずれか1つi以上:オレンジリングを身につける(手首につけるだけでなく、つり下げ名札にかけたり、カバンにつけることでも可)や県作成のシール、ピンバッチを身につけるなど

名札とリング カバンとリング 

任意の取組み

企業等が独自の判断で認知症への理解を深める取組みを実施

  • 認知症の早期発見の取組み
  • 若年性認知症になっても働き続けられる支援
  • 認知症の人を介護する従業員等への支援
  • 認知症の人を見守る地域貢献活動 等

【認知症サポーターの養成方法】
(1)従業員等へ認知症サポーター養成講座を開催する。

  • 認知症サポーター養成講座の開催地の市町に、講師(キャラバン・メイト)派遣を依頼し、認知症サポーター養成講座を開催する。
  • 企業等の職員が講師(キャラバン・メイト)となり、認知症サポーター養成講座を開催する。

(2)市町等が開催する認知症サポーター養成講座を従業員等に受講させる。

2 申請の対象になる取組み企業等

本事業にご理解をいただいた小売・飲食・交通・理美容・金融・宿泊・運送など生活に関連した企業・事業所・組合等です。※業種等で特に制限は設けていません。認知症にやさしい地域づくりへご協力頂ける場合は広く対象とさせていただいております。

3 申請するメリット

(1)従業員等が認知症サポーター養成講座を受講することで認知症の人への対応を学び接遇の向上が図れます。

(2)認知症サポーター養成講座の開催を支援してもらえます。(講座受講の詳細は各市町の事務局まで)

兵庫県

県作成の「企業等が配置する認知症サポーターのためのハンドブック」「認知症サポーターシール」の無料配布 講座開催後、店舗や窓口等に掲示する「兵庫県版認知症サポーターのステッカー」等の無料配布 等

取組み企業等の職員が講師になり、年間10回程度(最低3回以上)企業等にて認知症サポーター講座を開催する場合、県開催のキャラバン・メイト研修を無料受講出来ます。 ※定員あり

開催地の市町 市町の講師(キャラバン・メイト)派遣(※)、オレンジリングの無料配布

全国キャラバン・メイト連絡協議会への報告 等

※ 派遣については、各市町で派遣条件が異なりますので、事前に各市町の事務局(認知症サポーターキャラバン事務局一覧等)にお問い合わせください。

◆参考◆ 29年度各市町の認知症サポーター養成講座及びキャラバンメイト養成講座開催計画

(3)企業等のイメージアップにつながります。

  • 取組み企業等名称を「ひょうご認知症サポーター店(事業所等)」として県ホームページ等で公表
  • 兵庫県版認知症サポーターステッカーを店舗や窓口に掲示し県民にPR  等

4 取組み企業等の認知症サポーターは、何をすればいいのか?

認知症の人は手助けを求めることがうまくできません、困っている人を見かけたら勇気をだして声をかけてみてください。(前から相手の視界に入ったところで、目線を合わせやさしい口調で)

(例) お店の中で同じ所を何度も歩き回ってしている。

→「どうされましたか」「何かお手伝いをすることはありませんか」と声をかけてみましょう。
欲しい物が見つからない、支払いの場所がわからない等困っているかもしれません。
県作成の「企業等が配置する認知症サポーターのためのハンドブック」抜粋

5 申請手続きについて

「ひょうご認知症サポート店(事業所等)」に申請する流れは以下のとおりです。

事業フロー:店舗等の認知症対応

申請

申請書を記載し県健康増進課認知症対策室へFAX(078-362-3913)またはメール送付する。
「申請書(様式)」(ワード:195KB)

【支援①】受付後、県健康増進課認知症対策室より必要な支援をうける(支援ハンドブック配布等)※支援開始まで1ヶ月程度要します。余裕を持ってお申込下さい。

取組
報告
取組み企業で認知症サポーターを養成、その後報告書を送付する
「報告書(様式)」(ワード:189KB)

【支援②】(認知症サポーター配置の明示用)ステッカー配布をうける
また、兵庫県が適切と認めた場合、県ホームページで企業名公表
取組
継続

認知症にやさしい企業として引き続き取り組む【店舗等にサポーターがいることの明示他】
※次年度以降も継続して取組み ◆年1回取組報告(「継続用報告書」の提出)をお願いします。

※次年度以降の取組の際に、追加で支援ハンドブック等が必要な場合は、随時ご連絡下さい。

※その他ホームページ掲載内容等に変更が生じた場合ややむを得ず登録辞退の場合もご連絡下さい。

【連絡様式】

支援資材の追加及び県ホームページ掲載内容変更に関する連絡票(ワード:21KB)

辞退届(ワード:18KB)

継続用報告書(ワード:188KB)

※市町キャラバン・メイト講師派遣を希望する場合は、事前に各市町の事務局へ直接ご連絡(派遣依頼)をお願いします。
※過去2年以内に養成された認知症サポーターがいる場合も申請の対象としています。
※すでに今年度の養成が終了している場合でも、後から申請可能です。
※受付後、当課より電話またはメールにて内容確認のためご連絡する場合があります。
※申請報告いただいた内容は、各市町認知症施策担当課(サポーターキャラバンメイト事務局)宛て情報提供する場合があります。
※参考申請及び事業に関する流れ(フロー図)(PDF:80KB)

【メールにて申請・報告する際の留意事項】
◇申請書等の送付先・・・Eメール:ninchishotaisaku@pref.hyogo.lg.jp
必ず件名に「ひょうご認知症サポート店(事業所等)について」と記載下さい。

認知症関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢対策課

電話:078-362-9033

FAX:078-362-9470

Eメール:koreitaisaku@pref.hyogo.lg.jp