ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 自殺予防・自殺対策 > うつ病になるきっかけ

ここから本文です。

更新日:2013年3月29日

うつ病になるきっかけ

きっかけはさまざま

 うつ病の発症は、学校や職場の人間関係、子どもの独立。家族や友人との死別と言った「日常生活のストレス」や「環境の変化」と関係していることが多いと言われています。このほか、病気やけがが原因の場合もあります。
また、はっきりとしたきっかけがないこともあります。

うつ4

こんなことに気をつけよう

自分の性格を知る

 責任感の強い人、周囲の評価を気にする人、几帳面な人、完璧主義の人は、うつ病になりやすいと言われています。もちろん、どんな性格の人でもうつ病になることはあります。大切なのは、こうした自分の性格を心得ておくことです。

がんばりすぎず、自分への負担を軽くする

 がんばりすぎは気持ちに焦りを生み、ストレスにつながります。自分の手に余る問題については身近な人に相談するなど、自分への負担を軽くするようにしましょう。

アルコールの飲み過ぎに注意

 アルコールは気持ちをリラックスさせる効果がある反面、大量に飲み続けるとからだに悪影響を与えたり、アルコール依存傾向になることもありますので注意しましょう。

自分なりのストレス解消法を

 「ストレスがある」と感じたら、無理にがんばることをせず、自分の好きなこと楽しいことをしてストレスを解消するなど、上手に気分転換をしましょう。

うつ5

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局いのち対策室

電話:078-362-3060

FAX:078-362-3911

Eメール:inochitaisaku@pref.hyogo.lg.jp