ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 自殺予防・自殺対策 > うつ病について

ここから本文です。

更新日:2013年3月29日

うつ病について

うつ病は「珍しい病気」じゃない

ゆううつな気分になる、イライラする、眠れない、食欲が低下するなどは、 日常生活でもよくあること。

しかし、それらの不調が長引いたり、繰り返し起こったりする場合は注意が必要です。
もしかしたら単なる不調ではなく、その背景に「うつ病」が隠れているかもしれないからです。

うつ病は一生のうち15人に1人がかかる可能性があると言われており、決して珍しい病気では
ありません。

誰もがかかる可能性のある病気なのです。

気の持ちようではなおらない

うつ病は「気分の落ち込み」と明確な区別がしにくいため、 気の持ちようで治るだろう、と安易に考えてしまう人が多いようです。

しかし、うつ病は「脳内の神経伝達物質の働きが低下して活力不足となり、
ゆううつな気分に見舞われる状態」であり、本人の努力で改善することは困難です。
他の病気と同じように、早期に医療機関で治療することが必要です。
うつ1 

 

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局いのち対策室

電話:078-362-3060

FAX:078-362-3911

Eメール:inochitaisaku@pref.hyogo.lg.jp