ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 消費生活 > 高齢者消費者被害防止キャンペーンの実施

ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

高齢者消費者被害防止キャンペーンの実施

兵庫県では、高齢者の消費者被害の未然防止・拡大防止を図るため、高齢者保健福祉月間である9月を「高齢者消費者トラブル防止キャンペーン」月間とし、集中的な啓発活動を実施します。

高齢者を狙う悪質商法等の手口は巧妙に変化し、高額な被害が相次ぎ、県及び県内市町消費生活センターには、70歳以上の高齢者からの相談が年間9千件以上寄せられています。

高齢者の被害の未然防止・早期発見には、高齢者ご本人に加え、家族や身近な方々に悪質商法の手口や相談窓口を知っていただくことが重要です。

県・市町消費生活センター等によるセミナー・講演会、パネル展示、啓発チラシによる見守りなどが実施されますので、ぜひご参加ください。

平成29年度高齢者等被害防止キャンペーン行事等(主な事業の抜粋)(PDF:76KB)

尚、消費者トラブルで困った時は消費生活相談窓口にご相談ください。

専門相談ダイヤル188「消費者ホットライン188(イヤヤ!) トラブルすぐ相談!」

※身近な消費生活センターや消費生活相談窓口をご案内します。

消費者ホットラインについて(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局消費生活課
TEL:078-362-3376
FAX:078-362-4022
Eメール:syouhiseikatsu@pref.hyogo.lg.jp