ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 注意喚起(消費生活) > 美容医療サービスを受ける前のチェックポイント!

ここから本文です。

更新日:2020年11月25日

美容医療サービスを受ける前のチェックポイント!

「多汗症を約2万で治療」という美容クリニックのホームページ広告を見て施術を受けたが、施術後、広告より高額な料金を請求されたという事例が発生しています。美容医療は一部を除いてクーリング・オフの対象外となっており、この事例も対象外のものです。美容医療のネット広告は、虚偽広告や誇大広告、誤認させるおそれのある体験談や写真などが医療法で規制されていますので注意しましょう。

トラブルにあわないためのポイント

  • HPをうのみにせず、施術内容・費用・副作用など情報を集め、十分検討したうえで決める。
  • 広告と異なる契約を勧誘されても、その場で契約しない。
  • 困ったときは最寄りの消費生活センターに相談しましょう。

気になるとき、困ったときは、迷わず、消費者ホットライン188(局番なし)にお電話を!

専門の消費生活相談員が、トラブル解決に向けたお手伝いをしています。

詳しくは→「ひょうご消費者トラブル情報vol.28:美容医療サービスを受ける前のチェックポイント!」(PDF:503KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局消費生活課

電話:078-362-3376

FAX:078-362-4022

Eメール:syouhiseikatsu@pref.hyogo.lg.jp