ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 注意喚起(消費生活) > 「保険金で住宅修理ができる」という勧誘にご注意

ここから本文です。

更新日:2019年7月29日

「保険金で住宅修理ができる」という勧誘にご注意

「保険金で自己負担なく住宅修理ができるという話だったのに違っていた」「保険手続き代行の費用が必要と後でわかった」などの苦情が寄せられています。

  • 自己負担なく住宅修理できると勧誘されてもすぐに契約しないようにしましょう。
  • 保険金が使えるかどうか損害保険会社に相談しましょう。
  • 業者に言われるまま、うその理由で保険金請求することは絶対にしないでください。
  • 不安に思ったり、トラブルになったら消費生活センターに相談する。

損害保険のしくみ

損害保険は一般的に、火災や自然災害など一定の偶然の事故によって住宅等に生じた損害に応じて保険金を支払うものです。

経年劣化による住宅の損害は対象外です。

 

気になるとき、困ったときは、迷わず消費者ホットライン188番(局番なし)に電話を!

専門の消費生活相談員が、トラブルの解決に向けたお手伝いをしています。

 

詳しくは→ひょうご消費者トラブル情報:「保険金で住宅修理ができる」という勧誘にご注意(PDF:429KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局消費生活課

電話:078-362-3376

FAX:078-362-4022

Eメール:syouhiseikatsu@pref.hyogo.lg.jp