ホーム > 防災・安心・安全 > 安心・安全 > 注意喚起(消費生活) > 電力大手をかたり契約切り替えの勧誘!

ここから本文です。

更新日:2021年9月7日

電力大手をかたり契約切り替えの勧誘!

「大手電力会社を名乗る事業者が訪問してきて、『電力メーターも新しくなり電気代もすぐわかるようになる』と言われたので契約したが、契約先は全く別の電力会社だと後でわかった。(70才代、男性)」このような電力自由化に伴う、悪質な手口による被害が相次いでいます。

2016年4月に電気の小売事業について全面的に自由化され、消費者は自由に電力会社や料金プランを選べるようになりました。

 

【トラブルを防ぐためのアドバイス】

  • 新たに契約する会社名や連絡先(電話番号等)を書面などでよく確認しましょう。
  • 電力切り替えをする場合は、料金プラン・料金の算定方法をよく説明してもらい、メリット・デメリットを把握したうえで契約しましょう。
  • 契約するつもりがなければ、請求書(検針票)に記載された個人情報は伝えず、きっぱりと断り、話を聞かないようにしましょう。
  • 電話勧誘や訪問販売の場合は、クーリング・オフ(8日間)できます。

 

気になるとき、困ったときは、迷わず、消費者ホットライン188(局番なし)に相談を!

専門の消費生活相談員が、トラブル解決に向けたお手伝いをしています。

詳しくは→「ひょうご消費者トラブル情報vol.36:電力大手をかたり契約切り替えの勧誘!」(PDF:485KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局消費生活課

電話:078-362-3376

FAX:078-362-4022

Eメール:syouhiseikatsu@pref.hyogo.lg.jp