ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > がん対策 > がんの早期発見・早期治療キャンペーンプロジェクト「ひまわり」について

ここから本文です。

更新日:2013年6月19日

がんの早期発見・早期治療キャンペーンプロジェクト「ひまわり」について

「ひまわり」について

米国研究製薬工業協会(外部サイトへリンク)(名称:Pharmaceutical Research and Manufactures of America/略称:PhRMA)と兵庫県は、がん検診受診率を上げることで、兵庫県におけるがん罹患率や死亡率の減少を目指し、がんの早期発見・早期治療におけるがん検診の重要性を訴える啓発活動として、平成21年5月30日より兵庫県に住む高校生・大学生を中心メンバーとする、がんの早期発見・早期治療キャンペーンプロジェクト「ひまわり」を実施しました。(なお、同プロジェクトは平成22年3月をもって終了しております。

兵庫県は本プロジェクトが「兵庫県がん対策推進計画」に掲げた「がんの予防及びがん検診受診率向上による早期発見の推進」に寄与することから、賛同し、本プロジェクトに取り組むこととしました。

これからの社会を担う高校生・大学生(若年層)へ「がんの予防」「がん検診受診」の必要性の理解を促進することにより、まずは高校生・大学生自身ががんに対する関心を高め、子(若い世代)から親(周囲のがん年齢の大人たち)に「がん罹患率や死亡率の減少=予防と検診の必要性」をアピールすることで、直接的な普及啓発を目指しています。

プロジェクトの概要

当プロジェクトは、がんの早期発見・早期治療におけるがん検診の重要性を訴える啓発活動です。兵庫県に住む高校生・大学生(若年層)を主体に、がん患者、医療従事者等で構成する検討会を設置し、高校生・大学生ががん患者や医療関係者から、がんの正しい知識を学び、自らのアイデアで「がんの早期発見・早期治療」をアピールするパンフレット「HyoGo!がん検診!!~大切な人を守るために~」を制作しました。(関連資料欄からダウンロード出来ます。)

また、制作したパンフレットを用いた活用方法も検討し、県内のキャンペーン活動に広く展開します。

期待される効果

  • これからの社会を担う高校生・大学生に対して、がんの正しい理解や予防の大切さを啓発
  • がんの早期発見・早期治療におけるがん検診の重要性について、高校生・大学生の若い世代から、がんに罹るリスクが高くなる親の世代に対する働きかけを促進
  • 現在の高校生・大学生が、がん検診の対象となる将来に率先して、がん検診を受けることを期待

活動報告

活動報告については、以下の関連資料欄から「がんの早期発見・早期治療キャンペーン活動報告」のファイルをダウンロードしてご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3202

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp