ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス後遺症・ワクチン接種相談窓口にかかるプロポーザルの実施について

更新日:2024年2月20日

ここから本文です。

新型コロナウイルス後遺症・ワクチン接種相談窓口にかかるプロポーザルの実施について

県が行う新型コロナウイルスの後遺症や新型コロナワクチンを接種するにあたり、県民からの相談をうける電話窓口に関する業務(以下「業務」という。)を委託する事業者を選定するための企画提案を募集します。

事業の概要

  1. 事業名
    新型コロナウイルス後遺症・ワクチン接種相談支援事業
  2. 委託内容
    新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)及びワクチン接種に関する相談窓口を運営し、県民からの電話相談に対応する。
    詳細は、別添「新型コロナウイルス後遺症・ワクチン接種相談支援事業運営業務仕様書」を参照ください。
  3. 募集事業者数
    1者
  4. 提案限度額(上限)
    ¥3,325千円(消費税を含む)を上限とする。
  5. 委託期間
    令和6年4月1日(月曜日)から令和6年9月30日(月曜日)
    ただし、令和6年度予算の可決を前提とする。また、令和6年10月1日(火曜日)以降も継続する可能性がある。
  6. 応募資格
    法人その他の団体(個人を除く)で、業務を適切に遂行できる能力を有すること。
  7. 募集期間
    令和6年2月13日(火曜日)から同年2月22日(木曜日)17時30分まで
  8. 質問受付期間
    令和6年2月13日(火曜日)から同年2月16日(金曜日)17時30分まで
    (質問に対する回答は令和6年2月20日(火曜日)までに順次行います。)
  9. 応募図書提出方法
    原則として、事務局に持参して提出すること。メールまたは郵送による提出も可とし、この場合は、あらかじめ電話等により事務局に連絡したうえで、令和6年2月22日(木曜日)17時30分までに事務局に到着するように提出すること。(この場合、応募者は必ず電話にて送信等対応について問い合わせ先に連絡すること。)
    持参または郵送による書類での提出する場合は各6部(正本1部、副本5部)を提出すること。(提出書類はA4サイズとすること。)
  10. 審査方法
    審査委員会を設置し、提出された応募図書等を基に審査のうえ、業務実施予定者を選定する。
    審査日時:令和6年2月28日(水曜日)午後
    場所:兵庫県庁会議室を予定(オンライン開催にすることもある。)
    ※日時や実施方法等は応募者に改めて通知する。
  11. その他
    詳細は、別添の「新型コロナウイルス後遺症・ワクチン接種相談支援事業プロポーザル募集要項」を参照ください。

質問および回答

受け付けた質問およびそれに対する回答を公開します。
(令和6年2月16日(金曜日)17時30分で質問の受付けを終了しました。)

 

お問い合わせ

部署名:保健医療部感染症等対策室感染症対策課

電話:078-362-4302

FAX:078-362-3933

Eメール:wakuchin@pref.hyogo.lg.jp