ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 長期休暇で海外へ渡航される方へ(感染症予防と予防接種)

ここから本文です。

更新日:2018年4月11日

長期休暇で海外へ渡航される方へ(感染症予防と予防接種)

年末年始やゴールデンウィーク等には海外へ渡航される方が多くなります。海外では日本にはない感染症が流行しています。

海外渡航を予定している方は、事前に渡航先の感染症に関する情報を収集し、早めに必要な準備を行うことをお勧めします。

海外での感染症流行状況

下記のホームページ等で事前に渡航先の感染症の発生状況や最新情報を入手しましょう。

海外の国や地域における現在の感染症の流行状況等を調べることができます。

感染症を含めた安全情報を調べることができます。

海外での感染症予防のポイント

予防接種について

渡航中及び帰国後に体調が悪くなったら

  • 帰国時に発熱や咳、下痢、具合が悪いなど症状がある場合や動物に咬まれたり、蚊に刺されたりなどの健康上心配なことがありましたら、空港や港に設置されている検疫所の職員に相談してください。
  • 帰国後に症状が出た場合は、早急に医療機関を受診してください。
    • 受診される前に医療機関へ電話し、海外渡航歴と症状について伝え、受診方法の指示に従って受診してください。
    • 受診時には、渡航先、滞在期間、現地での飲食状況や行動歴、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などについて必ず伝えてください。
  • 受診方法で分からない時は、検疫所又は最寄りの健康福祉事務所(保健所)に相談してください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3264

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp