ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 健康づくり > 補助金により整備した設備等の適正使用について

ここから本文です。

更新日:2016年11月1日

補助金により整備した設備等の適正使用について

兵庫県では、分煙にかかる施設改修経費の負担を軽減するため、平成24年度~平成27年度に分煙設備整備事業を実施しました。

補助事業で整備した設備等(壁、扉、内装材、換気扇・空調等の機械設備、空気清浄機等の備品等)は、補助金の交付決定内容に従って使用する必要があります。

また、これらの設備等を下記に例示している譲渡、貸付、目的外使用する場合等は、知事の承認を受ける必要があり、これに違反したときは、補助金の交付決定を取り消し、返還を命ずる場合があります。

つきましては、これらの設備等の適正使用に関して再度ご認識いただくとともに、下記に該当する場合(類似の案件を含む)は、必ず、事前に担当部署へご連絡くださいますようお願いいたします。

譲渡、貸付、目的外使用等の具体例

・店舗や設備を他の人に譲渡する。(貸す。)
・店舗や設備を賃貸人に返す。
・店舗を飲食店以外の用途(住居、物品販売業等)に使用する。
・店舗を取り壊す。(設備を廃棄する。)
・店舗の改装のため、壁や扉の一部を取り壊す。
・店舗を全面禁煙にするため、壁や扉を廃棄する。
・禁煙区域と喫煙区域を入れ替える。
・店舗に抵当権を設定する。
・その他、補助金の交付決定内容どおりに設備等を使用しない場合

※類似の案件も含め、これらに該当する場合は、必ず、事前にご連絡ください。

連絡先

兵庫県健康福祉部健康局健康増進課
住所:〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1
TEL:078-341-7711(代表) 内線3269
FAX:078-362-3913

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局健康増進課

電話:078-341-7711(内線3269)

FAX:078-362-3913

Eメール:kenkouzoushinka@pref.hyogo.lg.jp