ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 災害時の保健師活動ガイドライン

ここから本文です。

更新日:2014年9月2日

災害時の保健師活動ガイドライン

 兵庫県では、阪神・淡路大震災や台風23号による風水害等での経験を踏まえ、「災害時の地域保健福祉活動ガイドライン」及び「災害時の地域保健福祉活動ガイドラインハンドブックー健康対策編ー」を作成し、被災地での活動を実践してきましたが、東日本大震災での数々の経験や教訓、災害関連法の改正等を踏まえ、上記ガイドラインを改訂し、「災害時の保健師活動ガイドライン」を作成しました。

 被災地住民の生命と生活を守るための迅速かつ適切な保健活動が展開できるよう、このガイドラインをもとに、県と市町が協働して、市町単位での「災害時の保健師活動マニュアル」を策定することを推進しています。

「災害時の保健師活動ガイドライン」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局健康増進課

電話:078-362-9127

FAX:078-362-3913

Eメール:kenkouzoushinka@pref.hyogo.lg.jp