ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 母子保健(妊娠・出産・その他) > 養育支援を必要とする家庭の市町間情報提供体制の整備について

ここから本文です。

更新日:2014年1月31日

養育支援を必要とする家庭の市町間情報提供体制の整備について

養育支援を必要とする家庭の市町間情報提供体制とは

兵庫県では、平成24年11月30日付厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知「養育支援を特に必要とする家庭の把握及び支援について」に基づき、母子保健部門が要保護児童だけでなく、養育支援を特に必要とする家庭(乳幼児健診未受診等要支援乳幼児、特定妊婦のいる家庭)が転居した場合に居所を把握し、転居先市町に情報提供を確実に行うことで支援を継続し、児童虐待の発生防止を図っています。

乳幼児のいらっしゃる家庭が市町外へ転居される場合は、健診や予防接種等のサービスが継続されるよう、必ず市役所・町役場で転居の手続きを行ってください。未受診のサービスがある場合は、最寄りの保健センターにもご一報下さい。

また、民生委員児童委員や保育所、幼稚園、学校等の関係機関の皆様には、養育支援の必要がある乳幼児家庭の転居先が不明な場合に、問い合わせをさせていただく場合がありますので、ご理解とご協力をお願いします。

実施内容

(1)市町間で情報共有するための情報提供様式の統一

(2)情報提供様式を活用した情報提供

(3)転居先が不明な家庭、居住実態が確認できない家庭の情報収集

(4)住民基本台帳に記録のない家庭への対応

 

 

※詳しくは、下記をご覧下さい。

 

■養育支援を必要とする家庭の市町間情報提供体制の整備について(ワード:106KB)

■特定妊婦情報提供書(様式1)(ワード:83KB)

■乳児家庭情報提供書(様式2)(ワード:130KB)

■支援結果報告書(様式3)(ワード:34KB)

■実績報告書(様式4)(エクセル:16KB)

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局健康増進課

電話:078-362-9127

FAX:078-362-3913

Eメール:kenkouzoushinka@pref.hyogo.lg.jp