ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医薬品・医療機器等の製造・販売 > はじめて化粧品の製造販売及び化粧品の製造をする人のために

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

はじめて化粧品の製造販売及び化粧品の製造をする人のために

化粧品を製造したり、輸入したりするためには薬事法上の許可(化粧品製造販売業又は化粧品製造業)が必要です。
国内で販売又は授与される化粧品は、誰かがその商品の「化粧品製造販売業者」になる必要があります。
また、化粧品を国内で製造(包装・表示・保管のみを行う場合を含む)するためには、「化粧品製造業」の許可が必要です。

これらの許可は、許可を受ける事務所や製造所の所在地の都道府県知事が取り扱います。詳しいことをお知りになりたい方は、関連資料をご覧ください。

関連通知について

医薬部外品又は化粧品にかかる研究報告に関する質疑応答集(Q&A)(平成23年8月30日付け事務連絡)(PDF:124KB)

医薬部外品及び化粧品の白斑等の副作用に関する自主点検の実施について(平成25年8月8日付け薬食安発0808第1号)(PDF:69KB)

医薬部外品又は化粧品にかかる研究報告に関する質疑応答集(Q&A)その2について(平成25年11月5日付け事務連絡)(PDF:107KB)

システアミンを配合した化粧品の使用上の注意等について(平成25年12月18日付け薬食審査発1218第1号・薬食安発1218第1号)(PDF:160KB)

医薬部外品及び化粧品の白斑等の副作用に関する情報収集等の徹底について(平成26年2月13日付け薬食安発0213第1号)

「洗い流すヘアセット料に関する自主基準の質疑応答集(Q&A)」について(平成26年2月18日付け事務連絡)(PDF:352KB)

薬事法施行規則及び医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器の製造販売後安全管理の基準に関する省令の一部を改正する省令の施行について(医薬部外品及び化粧品の副作用等の報告について)(平成26年2月27日付け薬食発第0227第3号)(PDF:745KB)

化粧品等の使用上の注意について(平成26年5月30日付け薬食発0530第2号)(PDF:405KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課

電話:078-362-3269

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp