ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬・献血 > 使用料及び手数料徴収条例の一部改正に伴う変更点等

ここから本文です。

更新日:2016年11月4日

使用料及び手数料徴収条例の一部改正に伴う変更点等

薬事法の一部改正により、医薬品、医薬部外品及び化粧品から区分されて新たに定義された再生医療等製品の製造販売業、販売業等について許可の制度が導入されること、医療機器及び体外診断用医薬品(以下「医療機器等」という。)について、製造販売の承認を登録認証機関等が行うこととされるとともに、製造業の許可の制度が登録の制度に変更されること、同法の名称が変更されること等に伴い、再生医療等製品の製造販売業及び販売業の許可、医療機器等の製造業の登録等に係る手数料を定め、医療機器等の製造販売の承認等に係る手数料を廃止等所要の整備を行いました。
平成26年11月25日から、以下のとおり手数料が変更になります。

なお、平成26年11月24日以前に同法第14条の規定に基づく体外診断用医薬品又は医療機器の製造販売の承認の申請をしている者に係る製造管理又は品質管理の方法に係る適合性調査(QMS適合性調査)の手数料については、別途、薬務課までご相談ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課

電話:078-362-3269

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp