ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 薬・献血 > 令和3年度麻薬年間届、麻薬取扱者免許継続申請、免許証返納について

ここから本文です。

更新日:2021年9月14日

令和3年度麻薬年間届、麻薬取扱者免許継続申請、免許証返納について

【目次】

麻薬年間届麻薬取扱者免許継続申請麻薬免許証返納

 

麻薬年間届

麻薬管理者(麻薬管理者のいない麻薬診療施設にあっては麻薬施用者)、麻薬小売業者及び麻薬研究者は毎年11月30日までに、次の事項を届出しなければなりません。

  1. 前年の10月1日に所有した麻薬の品名及び数量
  2. 前年の10月1日からその年の9月30日までの間に譲り受けた麻薬の品名及び数量(研究者の場合は製造又は製剤した麻薬の品名及び数量)
  3. 前年の10月1日からその年の9月30日までの間に譲り渡したり、施用したりした麻薬の品名及び数量(研究者の場合は研究のために使用した麻薬の品名及び数量)
  4. その年の9月30日に所有した麻薬の品名及び数量

(1)報告様式及び提出部数

提出部数とは別に、届出の写しを各麻薬業務所で必ず保管するようお願いします。

(2)提出先及び提出期限

麻薬管理者、施用者及び研究者

麻薬業務所を管轄する健康福祉事務所又は市保健所。ただし、神戸市については、各区保健センター。

麻薬小売業者

薬局を管轄する健康福祉事務所又は市保健所

提出期限

令和3年11月30日必着

(3)留意事項

  • 対象期間は、令和2年10月1日~令和3年9月30日です。
  • 下記事項について確認の上、作成してください。

(1)今年(令和3年度)の期始在庫数量は、昨年(令和2年度)の期末在庫数量と一致しているか

(2)対象期間中の収支の計算誤りや記載漏れ等がないか

期始在庫数量+受入数量ー払出数量=期末在庫数量

(3)帳簿上の数量は、実在庫と一致しているか

麻薬取扱免許継続申請(令和4年1月1日から令和6年12月31日まで有効の免許証の取得)

(1)対象者

令和3年12月31日で免許が失効する麻薬施用者、管理者、小売業者及び研究者

※免許番号の上2桁が19となっている方が対象です。

(2)提出書類及び提出部数

麻薬施用者及び管理者

麻薬小売業者

  • 申請書(小売業者用(ワード:50KB) 記載例(ワード:102KB)) 2部(うち1部に兵庫県収入証紙3,900円貼付))押印は不要です。
  • 診断書(申請日から1か月以内のもの。申請書に記載のあるものをできる限り使用してください。)なお、申請者が法人の場合は麻薬業務を行う役員全員分が必要です。また、同一申請者が、同時に申請する県内他店舗の継続申請書に原本を添付している場合、原本を添付した店舗名及び提出先の健康福祉事務所(保健所)名を備考欄に記載することで省略可(写しの添付も不要)。
  • 申請者が法人の場合、麻薬業務を行う役員の確定図(記載例(ワード:68KB))。ただし役員全員が麻薬業務を行う場合、又は法人に役員が1名しかいない場合は備考欄にその旨(当社役員全員が麻薬業務を行うなど)を記載することで省略可。

麻薬研究者

  • 申請書(研究者用(ワード:51KB) 記載例(ワード:104KB))2部(うち1部に兵庫県収入証紙3,900円貼付))押印は不要です。
  • 診断書(申請日から1か月以内のもの。申請書に記載のあるものをできるだけ使用しください。)
  • 申請者の履歴書(生年月日、高校又は大学以上の学歴、職歴が記載されているもの)
  • 研究計画書(研究目的、研究方法、使用する麻薬、月間使用量及び研究期間が具体的に記載されているもの)
  • 研究所開設者等の研究同意書又は命令書
  • ※麻薬保管庫の設置場所を示す図面
  • ※麻薬保管庫の構造設備の概要(寸法、材質、施錠、固定の有無、重量等がわかるもの)

複数の麻薬研究者が同一の研究施設で同一の研究を行う場合は、研究責任者が麻薬の受払を一括して行うことができます。その場合は研究責任者以外の方は誓約書(記載例(ワード:29KB))を提出する必要があります。また、研究責任者以外の研究者は※印の添付書類は不要です。

(3)提出先及び提出期限

麻薬管理者、施用者及び研究者

麻薬業務所を管轄する健康福祉事務所又は市保健所。ただし、神戸市については、各区保健センター。

麻薬小売業者

薬局を管轄する健康福祉事務所又は市保健所

提出期限

令和3年10月22日必着

(4)留意事項

  • 旧字体の扱いについて
    JIS第二水準に含まれない漢字は、免許証への印字ができないため、JIS第二水準の漢字での免許証を発行します。
  • 継続申請後に申請内容に変更が生じた場合は「記載事項変更届(継続用)」(ワード:57KB)により、現在所有している免許用と継続申請用にそれぞれ2部、合計4部を提出してください。
  • 継続申請後に業務廃止をする場合は申請書提出先にご連絡ください。

麻薬免許証返納届

(1)対象者

令和3年12月31日で免許が失効する麻薬施用者、管理者、小売業者及び研究者。

※免許番号の上2桁が19となっている方が対象です。

(2)提出書類及び提出部数

(3)提出先

麻薬施用者又は管理者

麻薬業務所を管轄する健康福祉事務所又は市保健所。ただし、神戸市については、各区保健センター。

麻薬小売業者

薬局を管轄する健康福祉事務所又は市保健所

提出期限等

令和4年1月4日から1月17日まで

(4)留意事項

さらに、所有する麻薬がある場合は、麻薬廃棄届(ワード:34KB)を事前に提出し兵庫県職員立会いのもとに廃棄するか、県内の他の麻薬業務所に譲渡し、譲渡後15日以内に麻薬譲渡届(ワード:37KB)を提出してください。

免許失効後(1月1日以降)50日を過ぎても廃棄又は譲渡を行わない場合は、麻薬及び向精神薬取締法第36条第2項違反(不法所持)となりますので、十分注意してください。

 

 

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局薬務課 薬務対策・捜査班

電話:078-362-3270

FAX:078-362-4713

Eメール:yakumuka@pref.hyogo.lg.jp