ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 精神保健福祉 > 精神保健福祉センターとは > 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するこころのケアについて

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するこころのケアについて

新型コロナウイルス感染拡大で不安を感じていらっしゃる方へ

新型コロナウイルス感染拡大やその対策の影響を受け、不安やストレスを感じている方がいらっしゃるのではないでしょうか。
ストレス状態が長期間続くと、気持ちやからだにさまざまな変化が起こることがあります。

「気分が落ち込む」「イライラする」「疲れているのに眠れない」
このような状態は、強いまたは慢性的なストレスを受けると誰にでも起こりうる「異常な事態に対する正常な反応」です。

多くの場合は自然に回復していきますが、つらい気持ちを誰かに話すことで和らぐことがあります。
ひとりで抱え込まず、誰かに相談してください。

こころの悩みに関する電話相談

精神保健福祉センターでは、新型コロナウイルス感染症に関連した心の健康に関する電話相談をお受けします。

電話番号:078-252-4980
受付日:火曜日から土曜日まで(祝日、年末年始を除く)
受付時間:8時45分~17時30分
対象の方:兵庫県内にお住まいのご本人、ご家族等

※月曜日がハッピーマンデー(成人の日、海の日、敬老の日及びスポーツの日)または振替休日(祝日が日曜日にあたるときのその翌日)の場合は、その前の週の土曜日は休館します(令和4年度においては、2022年7月16日、2022年9月17日、2022年10月8日、2023年1月7日)

来所相談については、下記「精神保健福祉センターに相談したいとき」のページをご覧下さい。

精神保健福祉センターに相談したいとき

新型コロナウイルス感染症に関する一般的なお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策に関する情報

<参考>

 

お問い合わせ

 健康福祉部地方機関 精神保健福祉センター

電話:078-252-4980

FAX:078-252-4981