ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 事業継続の支援

ここから本文です。

更新日:2021年6月24日

事業継続の支援

事業継続に困っている中小・小規模事業者、農林漁業者などの皆さんに対する国および県の支援内容(給付金、補助金、相談窓口など)を掲載しています。

事業継続の支援

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

飲食店向け

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の要請に応じて、営業時間の短縮に協力いただいた事業者に対し、協力金を給付します。

現在、第3期分(4月1日~4月24日)、第4期分(4月25日~5月31日)を受け付けています。 

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/jitankyouryokukin3.html

 

第1期:1月12日~2月7日 受付終了

第2期:2月8日~3月31日 受付終了

第3期:4月1日~4月24日 受付中

第4期:4月25日~5月31日 受付中  

【ホームページ】

○第3期以降分

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/jitankyouryokukin3.html

 【問い合わせ】

兵庫県休業・時短協力金コールセンター
電話:078-361-2501 (平日 午前9時~午後5時)

大規模施設等向け

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、県の要請に応じて、休業・営業時間の短縮に協力いただいた大規模施設(1,000 ㎡超)運営事業者及びテナント事業者・出店者等に対し、協力金を給付します。

【ホームページ】

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/jitankyouryokukin-daikiboshisetsu.html

【問い合わせ】

兵庫県休業・時短協力金コールセンター
電話:078-361-2501 (平日 午前9時~午後5時)

第2弾がんばるお店・お宿応援事業

新型コロナウイルス感染症の影響により売上が減少している飲食店、宿泊施設が感染拡大の抑制と事業の安定的な継続の両立を図るために実施するテイクアウト・デリバリーや感染防止の取り組みを支援します。

【ホームページ】

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/ganbaruomise2-1.html

【問い合わせ】

第2弾がんばるお店・お宿応援事業事務局(兵庫県中小企業団体中央会)
電話番号:078-595-9008(土日・祝を除く平日9時~17時)

新規産業立地促進補助

生産拠点の県内回帰、サプライチェーンの強化・再構築をめざす製造業等を支援するため、産業立地条例に基づく税軽減率・補助金額等を拡充 
※ サプライチェーン強化・再構築対策は、令和5年3月末立地促進事業等確認申請受付分まで

【ホームページ】 

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr03/sr03_000000002.html

【問い合わせ先】
兵庫県産業労働部産業立地室(078-362-4154)

ポストコロナ・スタートアップ支援事業

非接触化やデジタル化等、新たな技術を活用してwith/afterコロナ時代の社会課題の解決を目指す事業や、兵庫県から国内や海外へのグローバル展開等をも見据えた成長期待度の高い事業を対象に、事業の立ち上げや研究開発に要する経費等を支援します。

【ホームページ】

http://web.pref.hyogo.lg.jp/sr10/creativekigyou.html

【問い合わせ先】
兵庫県産業労働部新産業課(078-362-4156)

ポストコロナ起業家支援事業

県内で、after/with コロナ社会を見据えた地域経済の再生・活性化に資する事業での起業や第二創業を目指す起業家のうち、審査会において有望なビジネスプランであると選定された方に対し、新たなビジネスプラン開発や新事業展開を行うための経費の一部を補助します。

【ホームページ】

https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr10/postcorona02.html

【問い合わせ先】
兵庫県産業労働部新産業課(078-362-4157)

Go To トラベル事業

 *現在、事業を一時停止中

・ 国内旅行を対象に宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援。
・ 支援額の内、①7割は旅行代金の割引に、②3割は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与。
・ 一人一泊あたり2万円が上限(日帰り旅行については、1万円が上限)。
・ 連泊制限や利用回数の制限なし。

【ホームページ】

https://www.mlit.go.jp/kankocho/page01_000637.html

 

【問い合わせ先】

Go To トラベル事務局

<一般利用者の方>
TEL[1]:0570-002442(受付時間:10時~19時 ※年中無休)
TEL[2]:03-6636-9457(受付時間:10時~19時 ※年中無休)

<事業者の方>
TEL[1]:0570-017345(受付時間:10時~19時 ※年中無休)
TEL[2]:03-6747-3986

県民交流バスなどの助成単価の拡充

座席間隔を開けて利用すると必要な台数が増えることから、助成単価を2倍に拡充します。

【ホームページ】
(県民交流バス)https://web.pref.hyogo.lg.jp/ac20/hashiken.html
(ツーリズムバス)https://www.hyogo-tourism.jp/assistance/bus/
(しごとツーリズムバス)https://web.pref.hyogo.lg.jp/sr06/ie11_000000018.html
(都市農村交流バス)https://hyogo-rakunou.com/bus/
(エコツーリズムバス)http://www.eco-hyogo.jp/ecoplaza/index.php/ecobus

【問い合わせ先】
(県民交流バス)兵庫県企画県民部広聴課(078-362-3022)
(ツーリズムバス)兵庫県産業労働部観光企画課(078-362-3838)
(しごとツーリズムバス)兵庫県産業労働部能力開発課(078-362-3367)
(都市農村交流バス)兵庫県農政環境部楽農生活室(078-362-9198)
(エコツーリズムバス)兵庫県農政環境部環境政策課078-362-9895)

Go To Eatキャンペーン事業

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う外出の自粛等の影響により、甚大な影響を受けている飲食業に対し、期間を限定した官民一体型の需要喚起を図る。

【兵庫県の対応】
Go To Eatの利用自粛について
http://web.pref.hyogo.lg.jp/sr07/gotoeat.html 

【問い合わせ先】
Go To Eatひょうごキャンペーンコールセンター
電話番号:0120-528-520
受付時間:10時00分~17時00分(土日祝を含む。ただし、12月29日~1月3日は除く。)

【ホームページ】
https://gotoeat-hyogo.com/

介護福祉士修学資金等貸付制度の拡充

離職した介護職員の方の再就職を支援するため、再就職準備金の貸付上限額を拡充します。

介護福祉士修学資金等貸付制度における再就職準備金貸付事業の拡充(PDF:920KB)

【問い合わせ先】
兵庫県福祉人材センター(078-271-3881)

中小企業のための特別相談窓口の設置

新型コロナウイルス感染症の影響が中小企業に広く及ぶなか、事業者の課題に応じた経営全般に関する相談に対応(事業・人材・労務・財務・資金繰り等)します。

【ひょうご・神戸経営相談センター】

兵庫県よろず支援拠点

平日9時00分~17時00分

078-977-9085

神戸商工会議所中央支部(中央区・兵庫区・北区)

平日9時00分~17時15分

078-367-3838

神戸商工会議所東神戸支部(東灘区・灘区)

平日9時00分~17時15分

078-843-2121

神戸商工会議所西神戸支部(長田区・須磨区・垂水区・西区)

平日9時00分~17時15分

078-641-3185

 中小企業者のための特別相談窓口(資金繰り・経営全般等(令和3年4月1日現在)(PDF:256KB)

旅行関係事業者等に対する特別相談窓口の設置

[ホテル旅館等の宿泊事業者]
神戸運輸監理部総務企画部企画課(078-321-3144)

[旅行業者、旅行業者代理業者、旅行サービス手配業者、ツアーオペレーター]
近畿運輸局観光部観光企画課(06-6949-6466)

 [通訳ガイド]
近畿運輸局観光部国際観光課(06-6949-6796)

農業者への支援

(1)兵庫県産農産物等のECサイトを活用した販売促進

兵庫県認証食品の家庭内消費や販路の拡大を図るため、県産農畜水産物(兵庫県認証食品)の生産者・加工業者による県産農産物のEC(エレクトロニック・コマース)サイトへの出店支援とあわせて、PRキャンペーンを実施します。(受付終了)

兵庫県認証食品ECサイト販売支援事業のご案内(PDF:216KB)

【問い合わせ先】
兵庫県農政環境部消費流通課(078-362-3486)

畜産業者への支援

(1)肉用子牛流通円滑化緊急対策事業

生産者が策定した計画に基づき、やむを得ず肉用子牛の出荷調整を行う場合、計画出荷に係る掛かり増し経費(飼料費等)を支援します。

【ホームページ】
www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r2hosei-20.pdf

【問い合わせ先】
農林水産省生産局食肉鶏卵課(03-3502-5989)

(2)肥育牛経営等緊急支援特別対策事業

優良な肥育牛生産など経営体質の強化への取組や出荷延期に伴う掛かり増し経費などを支援します。

【ホームページ】
ww.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r2hosei-4.pdf

【問い合わせ先】
農林水産省 生産局畜産企画課(03-3502-0874)

(3)優良肉用子牛生産推進緊急対策事業

肉用子牛の品種区分ごとの全国平均価格(月別)が、発動基準※を下回った場合に、経営改善のための取組メニュー※のうち2つ以上を行う生産者に対して、販売頭数に応じた奨励金を交付します。

※ 発動基準、取組メニューについては下記HPをご参照ください。

【ホームページ】
https://www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r2hosei2-6.pdf

【問い合わせ先】
農林水産省生産局食肉鶏卵課(03-3502-5989)

(4)和牛肉保管在庫支援緊急対策

販売促進に取り組む食肉卸売事業者に対し、在庫の保管料等を支援します。
また、販売促進計画に基づき実際に販売した場合は、実績に応じて奨励金を交付します。

【ホームページ】
www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r2hosei-14.pdf

【問い合わせ先】
農林水産省 生産局食肉鶏卵課(03-3502-5989)

(5)生乳需給改善促進事業

過剰生産となっている脱脂粉乳の在庫数量が高水準にあるため、脱脂粉乳を飼料用等の需用がある分野で活用する取組を支援します。

【ホームページ】
www.maff.go.jp/j/budget/attach/pdf/r2hosei-18.pdf

【問い合わせ先】
農林水産省 生産局牛乳乳製品課(03-3502-5988)

漁業者・水産加工業者への支援

(1)特定水産物供給平準化事業

漁業者団体等が、過剰供給分を相場価格で買取・冷凍保管(=調整保管)する際の買取資金、保管料、運搬料等を支援します。

【ホームページ】
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/pdf/support_maff-12.pdf

【問い合わせ先】
水産庁加工流通課(03-6744-2350)

(2)休漁中の漁業者支援

休漁を余儀なくされている漁業者が行う資源や漁場の保全活動を支援します。

【ホームページ】
https://www.maff.go.jp/j/saigai/n_coronavirus/pdf/support_maff-15.pdf

【問い合わせ先】
水産庁計画課(03-3501-3082)
栽培養殖課(03-3502-0895)
漁場資源課(03-6744-2380)

農業保険の保険料等に関する支払期限の延長

新型コロナウイルス感染症により影響を受けた農業者の方について、農業保険(収入保険、農業共済)の保険料等の支払期限を延長します。

【ホームページ】
https://www.maff.go.jp/j/keiei/nogyohoken/attach/pdf/index-138.pdf

【問い合わせ先】

兵庫県農業共済組合本所(078-332-7169)

農業者、事業者等のための相談窓口の設置

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症についてのお問い合わせはこちらへ

◆新型コロナ健康相談コールセンター
電話:078-362-9980
FAX:078-362-9874
受付時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日含む)

◆兵庫県緊急事態措置コールセンター(緊急事態措置の内容に関する問い合わせ)
番号:078-362-9921
受付時間:平日 午前9時~午後5時(ただし、令和3年5月15日(土曜日)、16日(日曜日)は開設します。)

◆兵庫県休業・時短協力金コールセンター
電話:078-361-2501
受付時間:平日 午前9時~午後5時

◆新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金相談窓口
電話:078-362-3056
受付時間:平日 午前9時~午後5時