ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症に関する支援策(事業者向け)

ここから本文です。

更新日:2020年12月2日

新型コロナウイルス感染症に関する支援策
(事業者向け)

 

 

主な支援策

兵庫県制度融資

当初3年間無利子・保証料無料化と連動した融資制度や、県独自補助による保証料無料の融資制度等により、中小企業者の資金繰りを支援します。

持続化給付金

感染症拡大により大きな影響を受けている事業者に対して、事業全般に広く使える給付金を支給します。

家賃支援給付金(国2次補正予算)

売上の急減に直面しているテナント事業者(中小企業、個人事業者など)を対象に、家賃のおよそ6か月分にあたる給付金を支給します。

事業再開等に向けた感染防止対策への支援(県6月補正予算)

業種ごと(中小企業・個人事業主宿泊施設外食事業者バス事業者船舶)の事業再開などに向けた感染防止対策の取組を支援します。

雇用調整助成金の特例措置

事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練または出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金などの一部を助成します。

新型コロナウイルス感染症に伴う特例措置により、支給対象となる事業主や助成率など、多くの拡充措置を講じています。

新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業

【新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金の支給】

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた医療機関、介護・障害施設等に従事されている方に対し、慰労金を支給します。

申請方法・受付期間等については、以下のリンクをご覧下さい。

1 医療従事者に対する慰労金

2 介護事業所等従事者に対する慰労金

3 障害福祉サービス施設従事者に対する慰労金

※慰労金は、原則として医療機関・事業所等を経由して支給しますので、医療機関・事業所等が対象職員分を取りまとめた上で申請をお願いします。

【問合せ先】
兵庫県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業事務局

TEL:078-362-3056(平日午前9時~午後5時)

【新型コロナウイルス感染症拡大防止支援金の支給】

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組みを行う医療機関・薬局、介護・障害施設等に対し、支援金を支給します。

申請方法・受付期間等については、以下のリンクをご覧下さい。

1 医療機関、訪問看護ステーション(医療)、助産所、施術所に対する支援金

2 薬局に対する支援金

3 介護事業所等に対する支援金

4 障害福祉サービス施設に対する支援金

【問合せ先】
兵庫県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業事務局

TEL:078-362-3056(平日午前9時~午後5時)

【新型コロナウイルス感染症を疑う患者受入れのための救急・周産期・小児医療の体制確保への支援】

発熱や咳等の症状を有している新型コロナウイルス感染症が疑われる患者(以下、「疑い患者」という。)に対応できるよう、救急・周産期・小児医療を担う医療機関を対象に、院内感染を防止するための必要な設備の整備等を支援します。

(その他の支援)

支援策一覧

資金繰り支援

[資金繰りにお困りの皆様への支援]

[業種に対応した資金繰りの支援]

中小・小規模事業者、農林漁業者等への支援

[事業者の継続の支援]

[事業再開等に向けた感染防止対策への支援](再掲)

[新たな事業展開への支援]

[観光・誘客の支援]

[社会福祉施設への支援]

[芸術文化・スポーツへの支援]

[農林漁業者への支援]

[相談窓口のご案内]

雇用の維持、休暇制度の創設、テレワークの導入等

[雇用を維持するための事業主等への支援]

[外国人労働者、技能実習生の雇用支援]

[雇用などに関するご相談]

[感染症対策に取り組む事業主等への支援]

[テレワーク導入等の支援]

[福利厚生の維持・充実への支援]

税制の特例措置

[税などの特例措置]

 

お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症についてのお問い合わせはこちらへ

新型コロナ健康相談コールセンター(予防・検査・医療に関するご相談)
電話:078-362-9980
FAX:078-362-9874
受付時間:24時間(土曜日・日曜日・祝日を含む)

◆新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金相談窓口
電話:078-362-3056
受付時間:平日 午前9時~午後5時

新型コロナウイルス感染症対策相談窓口
(その他、「県対処方針」、「ひょうごスタイル」等に関するご相談)・新型コロナ追跡システムコールセンター
電話:078-362-9858
受付時間:平日 午前9時~午後5時