ホーム > イベントカレンダー > 兵庫県公館県政資料館 「大上巧陶展 -作陶50年の歩み-」(神戸市)

更新日:2022年11月24日

ここから本文です。

兵庫県公館県政資料館 「大上巧陶展 -作陶50年の歩み-」(神戸市)

大上巧陶展ポスター

概要

兵庫県丹波篠山市(旧篠山市)ご出身の陶芸家、大上巧氏は、家業である丹波焼の窯元(大熊窯)に生まれ、大学卒業後に京焼の名工である宮永東山氏に師事され、その後、丹波で作陶活動に入り、昭和52年には窯元を引き継がれました。

伝統的な筒描きにより丹波焼独特のものとされる「海老徳利」や、焼き締による作品を数多く発表。平成21年に丹波立杭焼伝統工芸士に認定され、伝統技術の継承や後継者育成に尽力されています。

昭和52年に若手陶芸家7人で「グループ窯」を結成して開催された陶器市は、現在で「丹波焼陶器まつり」に発展し、丹波焼を通じた地域振興・活性化に努められています。また、明治28年に築窯された丹波焼最古の登り窯を復活させるため結成された「登り窯修復実行委員会」では委員長として築窯技術を次世代に伝える中心的な役割を果たされました。

本展覧会では、大上氏の丹波焼きの伝統的な技法を生かした作品の数々を展覧いたします。


なお、ご来館いただく皆さまには感染防止対策へのご理解、ご協力をお願いいたします。


  1. 大上巧陶展 -
  2. 作陶50年の歩み-
  3. 主な展示内容
    (1)海老徳利
    (2)灰釉波紋鉢
    (3)鬼の行水
    (4)亀の水滴
    (5)線紋花入
    (6)線紋三足壺
    (7)茶盌
    (8)白泥双耳花入 など
  4. 展示期間
    令和4年11月28日(月曜日)から令和5年2月17日(金曜日)までの月曜日~金曜日(土日祝は休館)
    開館時間 9時00分~17時00分

  5. その他
    ご来館の際は、新型コロナウイルス感染防止のため、以下ページ内の「お知らせ」内容についてご理解、ご協力をお願いします。
     兵庫県公館「お知らせ」

開催期間

  • 2022年11月28日(月曜日)~2023年2月17日(金曜日)

開催場所

会場名 兵庫県公館県政資料館 展示室7
会場住所 神戸市中央区下山手通4-4-1
会場へのアクセス

神戸市営地下鉄「県庁前」駅東2番出口すぐ、JR・阪神「元町」駅西口徒歩約5分

お問い合わせ

部署名:総務部秘書広報室広報広聴課

電話:078-362-3019

FAX:078-362-3903

Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp