更新日:2022年8月4日

ここから本文です。

兵庫県のSDGsの取組

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人取り残さないことを誓っています。
SDGsの各目標など詳細については、JAPAN SDGs Action Platform(外務省)(外部サイトへリンク)をご参照ください。

SDGs17ポスター

新着情報

 

兵庫県のSDGsの主な取組

兵庫県は、誰もが希望をもって生きることのできる社会を次の世代に届けるべく、企業や団体、教育機関、県民などとともにSDGsを推進します。

ひょうごフィールドパビリオン

「大阪・関西万博」を機に、県土全体をパビリオンに見立て、地域の主体的な活動の現場に国内外から多くの人を誘い、兵庫ならではのSDGsの取組を見て、学び、体験していただく、「ひょうごフィールドパビリオン」を全県で展開します。

ひょうご産業SDGs推進宣言事業

SDGsの達成に向けて取り組む中小企業等の推進宣言を登録・集約し、ホームページで公表するなど、宣言企業の取組を支援します。

グローバルなSDGs課題解決を目指す共創プログラム「SDGs CHALLENGE」

世界規模のSDGs課題解決に挑むスタートアップ等の事業開発・海外展開を支援し、兵庫県・神戸市からグローバルな社会変革を生み出すシステム・プロダクトを創造することを目指します。

ひょうご農林水産ビジョン2030×SDGs推進プロジェクト

本県の農林水産業・農山漁村の持続的発展に向けて、「ひょうご農林水産ビジョン2030」の実現に向けた取組と合わせて、SDGsに対する農林漁業者等の理解を進め、取組の見える化を推進し、県内外へ発信します。

ふるさとひょうご寄附金を通じたSDGsの取組の推進

ふるさとひょうご寄附金を活用し、SDGsを推進する事業を実施するとともに、返礼品にSDGsに資する農林水産物や地場産品等を積極的に採用・提供します。

SDGs債

グリーン化を推進する本県の施策を広くPRし、一層の機運醸成や施策の推進を図るとともに、県債の購入を通じた投資家の皆様の県政への参画を推進するため、SDGs債(グリーンボンド)を発行します。

企業庁SDGs宣言

兵庫県企業庁は施策を通じてSDGsの達成に貢献するとともに、地域の振興と県民福祉の向上を図ります。

ひょうごSDGsスクールアワード

地域資源(自然環境、人的資源、伝統文化、特産物など)を活用し、教科等横断的な視点で体験活動や学習に取り組み、子ども達が主体的にSDGsに資する活動を行う県内の学校・園を顕彰します。

 

SDGs日本モデル宣言

SDGs日本モデル宣言とは、地方自治体が国や企業、団体、学校・研究機関、住民などと連携して、地方からSDGsを推進し、地域の課題解決と地方創生を目指していくという考え・決意を示すものです。兵庫県も同宣言に賛同しています。
宣言や賛同自治体一覧は滋賀県ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

部署名:企画部総合企画局総合政策課

電話:078-362-9006

FAX:078-362-4479

Eメール:seisaku@pref.hyogo.lg.jp