ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 21世紀兵庫長期ビジョン > 21世紀兵庫長期ビジョンの推進 > ポストコロナ社会に向けた取組 > ポストコロナ社会に向けて ~兵庫からの挑戦~

ここから本文です。

ポストコロナ社会に向けて ~兵庫からの挑戦~

2020年4月27日

担当部署名/企画県民部ビジョン局ビジョン課  直通電話/078-362-3034

ポストコロナ社会に向けた提案募集は、6月30日(火曜日)に締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

引き続き、ポストコロナ社会に向けたご意見がありましたら、vision@pref.hyogo.lg.jpまでご連絡ください。

 

ポストコロナ社会の具体化に向けた補助事業は引き続き公募しています。

ポストコロナ社会の具体化に向けた補助事業の公募(事前相談7月10日(金曜日)、交付申請7月17日(金曜日)締め切り)

ポストコロナ社会に向けた取組をご紹介しています。

ポストコロナ社会に向けた取組

提案募集に応募のあった社会貢献事例を紹介しています

コロナ危機の克服に向けた社会貢献事例を公表

 

~以下、6月30日(火曜日)に締め切った提案募集について~

阪神・淡路大震災から25年、本県は新しい地域づくりのステージを迎えています。

こうした中、新型コロナウイルスが世界的に流行し、日本も感染拡大防止をはじめ様々な対策に官民を挙げて懸命に取り組んでいますが、未だ収束の兆しは見えません。

この未曽有の事態は、私たちの社会に多くの課題を突きつけています。働き方や暮らし方、過度な都市集中、産業構造や経済活動のあり方を見直さなければなりません。

そこで、現在全力を挙げているコロナ対策を最優先で継続しつつ、新たな社会づくりの取組を企業、大学、団体をはじめ県民の英知を結集して展開したいと考えています。

震災からの創造的復興を成し遂げた兵庫から、コロナ危機に打ち勝ち、コロナ後の新しい社会を創造する。その一歩を踏み出します。

ポストコロナ社会の提案募集の状況(PDF:290KB) 5月29日まで(87件受付)

1 コロナ対策の社会貢献事例・アイデア募集

(1) 提案の主体

 企業、大学、研究機関、地域団体、NPO 等

 (2) 募集する内容

 1.社会貢献事例の情報募集

  貴団体においてコロナ危機克服に向けて取り組んでいる、あるいは今後取り組む予定の社会貢献事例

 2.新たな取組のアイデア募集

  現下のコロナ危機を乗り越えるための新技術の実装、仕組みの構築等の新たな取組のアイデア

【県内企業等による取組例】

国内初の新型コロナウイルス検査キットの開発・提供(シスメックス)

次世代スパコン「富岳」による新型コロナウイルスの治療薬候補同定等の研究開発(理研)

SPring-8のビームラインを利用した創薬開発支援(高輝度光科学研究センター)

看護研究科の学生によるコールセンター業務の応援(兵庫県立大学)

外出制限されている子どもたちに向けた動画配信(ヴィッセル神戸)

 (3) お寄せいただいた取組事例やアイデアの取り扱い

 ○ いただいた情報を取りまとめてホームページ等で広く発信し社会への普及を図ります。

 ○ 新しい技術の実装、仕組みの構築など新たな取組については、提案者と県等の官民共同プロジェクトとして実施を検討します。

 (4) 受付期間(第2次)

 令和2年6月1日(月曜日)~6月30日(火曜日)

2 ポストコロナ社会のめざす姿の提案募集

 (1) 提案の主体

 研究者、企業・事業者、学生、地域団体、NPOほか広く県民の皆様

 (2) 募集する提案の内容

 ○ コロナ収束後に実現したい社会の姿

 ○ その実現に向けた変革の方向性と具体的な取組

 [キーワード]デジタル化(テレワーク、オンライン教育、遠隔医療等)

 集中是正(人口、都市機能等)

 リスク管理(国土強靱化、医療体制、事業継続等)

 自立持続(食、エネルギー等)

 グローバル化(人とモノの移動、産業構造等) など

 (3) 提案の取り扱い

 ○ いただいたご提案は、ホームページ等で情報発信します。(公表を望まない場合はその旨申し出てください。)

 ○ 優れたご提案は提案者と県等の官民共同プロジェクトとして実施を検討します。

 また、現在、検討を進めている兵庫県の新しい将来ビジョンにも反映します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。