ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 21世紀兵庫長期ビジョン > 調査・研究 > 兵庫のゆたかさ研究会(平成26~27年度) > 概要(環境優先社会)

ここから本文です。

更新日:2016年6月13日

概要(環境優先社会)

環境優先社会

将来像7将来像8将来像9

他の社会像(概要)
創造的市民社会しごと活性社会多彩な交流社会

 将来像7 人と自然が共生する地域を創る

 

1.未来に引き継ぐ環境 (ストーリーを見る 

環境負荷の低い産業活動が一般的となり、リサイクルが暮らしに根付いてゼロエミッションが達成されており、地球に優しい生活が普及している。

2.自然の恵みを慈しむ生物多様性・景観 (ストーリーを見る

住民、NPO、企業等の様々な主体の取組により、コウノトリをはじめ野生動物との共生が進むとともに、都市や農村の景観が守られ、うるおいのある快適な生活環境が形成されている。

 

 将来像8 低炭素で資源を生かす先進地を創る

 

1.地域特性を生かした地産地消のエネルギー (ストーリーを見る

発電効率の高くなった太陽光発電などの再生可能エネルギーや水素エネルギーに加え、メタンハイドレートの活用が進むほか、人工光合成が実用化して、激増した世界のエネルギー需要が賄われている。

2.シェアして活用する資源 (ストーリーを見る

インバウンド宿泊等に空き家が活用されるなど、モノやサービスなどの資源(土地、建物、移動手段)を共有するしくみ(シェアリングエコノミー)が拡大し、資源が有効に使われている。

 

 将来像9 災害に強い安全安心な基盤を創る

 

1.地域みんなで備える防災・減災 (ストーリーを見る

情報伝達システムを活用した災害時要援護者を含む避難体制が確立しているほか、防潮堤等の防災インフラが整備されており、ソフト・ハードの両面から災害への備えができている。

2.しなやかに立ち直る復旧・復興 (ストーリーを見る

災害発生直後から、ライフラインが確保されるなど、迅速な救助や復旧・復興に向けて経済社会システムが機能し、災害が起こっても人的・物的被害を最小限に抑えることができている。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部ビジョン局ビジョン課

電話:078-362-4313

FAX:078-362-3950

Eメール:vision@pref.hyogo.lg.jp