ホーム > 地域・交流・観光 > 地域づくり・県民運動 > 本庁 > ネット情報誌「ふるさと兵庫“すごいすと”『高校生が発見したすごい○○』」発行

ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

ネット情報誌「ふるさと兵庫“すごいすと”『高校生が発見したすごい○○』」発行

「ふるさと兵庫“すごいすと”」は、兵庫を元気にしている身近なすごい人や、地域の暮らしに根ざした「すごい所」を紹介するとともに、それぞれの活動を応援する県の取組みや地域情報などふるさと兵庫の魅力を発信します。

今月の“すごいすと”

詳しくは“すごいすと”サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください。

*今月の更新はありません。

未来の“すごいすと”

詳しくは未来の“すごいすと”(外部サイトへリンク)をご覧ください。

*今月の更新はありません。

高校生が発見した”すごい○○”

高校生ならではの視点で、学校周辺の場所や人材、伝統行事等の地域の魅力(すごい○○)を発見し、取材を通じてその魅力を広く発信します。

掲載記事】

  1. 兵庫県立西脇高等学校 生活情報科3年 「知ってた?!播州織ってこんなにスゴイ!!~地域で紡ぐ播州織~」(2月更新)
    糸を先に染めてから織る播州織。優しい手触りと産地内で生産する一貫体制が特徴のこの織物は、1792年以降、西脇市を始め地域の豊かな自然と職人達により守り続けられ、受け継がれてきた。そんな播州織の魅力、播州織の『すごいところ』をお伝えする。
  2. 兵庫県立相生高等学校 情報メディア部写真班 「相生のスゴイ○○!!」(2月更新)
    3つの相生の特産物、幼稚園や小学校で工場見学にも訪れ親しまれている地場産品「うまいか」、養殖が盛んに行われ、中学校で実習にも用いられる「かき」、小中学校の給食で提供されているみそ汁に使用される地産地消のお味噌「若さの味噌」を紹介し、魅力溢れる相生をお伝えする。
  3. 兵庫県立小野高等学校 放送部 「世界に誇るそろばんを」(3月更新)
    小野市の伝統産業である播州そろばんは400年以上の歴史があり、日本で二箇所しかないそろばん産地の一つ。小野市のそろばんの発展を後押しできたら嬉しいという気持ちと、そろばんが計算道具としてだけでなく、時代とともに柔軟に変化し、新しい形で徐々に広まっている様子をお伝えする。
  4. 兵庫県立長田商業高等学校 商業科3年 「鬼の伝道者の想い」(3月更新)
    長田地域の中心にある、歴史ある長田神社とその門前町として栄えてきた長田神社前商店街。室町時代から約650年間、長田神社の厄払い伝統行事で、毎年2月3日の節分の日に行われている「古式追儺式(ついなしき)」を次世代に伝える地域の人々の熱い思いをお伝えする。

詳しくは高校生が発見した”すごい○○”(外部サイトへリンク)をご覧ください。

フェイスブック

“すごいすと”の掲載情報や、各地域で活躍する“すごいすと”の活動情報などを発信しています。ぜひご覧ください。

“すごいすとフェイスブック”(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

部署名:企画県民部県民生活局県民生活課

電話:078-362-3996

FAX:078-362-3908

Eメール:kenminseikatsu@pref.hyogo.lg.jp