ホーム > 暮らし・教育 > こども・若者・家庭 > 青少年育成 > 青少年を守り育てる活動の推進

ここから本文です。

更新日:2017年8月8日

青少年を守り育てる活動の推進

平成21年5月1日(インターネット関連については、7月1日)に施行された改正青少年愛護条例について、県民に対する啓発活動をはじめ、事業者に対する調査、指導を通じて、周知徹底及び適切な運用を図ります。また、複雑・多様化する青少年問題に対応するため、家庭、学校、地域が一体となって「青少年を守り育てる県民スクラム運動」を展開する等、青少年を守り育てる活動を推進しています。

青少年愛護条例

未来を担う青少年をこころ豊かに、たくましく育むことは、私たちすべての大人の願いであり、社会の責任です。本県では、県民、保護者、事業者、県及び市町の責務を定め、相互に協働して青少年の健全育成と保護に取り組むこととしています。それぞれの立場で、自ら進んで、積極的な取り組みをお願いします。


県民
相互に協力して社会環境の清浄化に努めましょう。
保護者
青少年を健全に育成することが、自らの責務であることを自覚し、養育しましょう。
事業者
青少年の健全な育成を阻害しないよう努め、健全育成に関する施策に協力しましょう。
県市町
各種施策を実施するとともに、青少年の健全育成と保護に関する、県民の取り組みを支援します。

※青少年愛護条例の詳細な内容についてはこちら(青少年愛護条例の運用)をご覧下さい。

青少年を守り育てる県民スクラム運動

スマートフォンをはじめとするインターネット利用端末の急速な普及、深夜営業の増加など社会状況が著しく変化するなか、近年は県内の刑法犯少年の数や全刑法犯に占める少年の割合が減少傾向にありますが、刑法犯少年の学識別では小学生の割合が増加しており、非行の低年齢化が憂慮すべき状況にあります。

このため、青少年愛護条例の意義を十分に踏まえ、地域、学校、保護者、事業者、行政等が一体となり、青少年に対する様々な施策や活動等に主体的に取り組むことが必要であり、青少年の健全育成に対する県民意識の高揚を図るとともに、青少年のみならず大人の規範意識の醸成と社会環境の浄化等を目指し、「青少年を守り育てる県民スクラム運動」を実施します。

有害情報対策

インターネット・携帯電話の安全な利用に関する啓発を行うため、インターネットの危険性とフィルタリングの利用促進を呼びかける有害情報対策キャンペーン等を実施しています。

青少年補導活動

有害環境から青少年を保護するとともに、青少年の非行を防止するため、補導活動を推進しています。

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部女性青少年局青少年課

電話:078-362-9076

FAX:078-362-3957

Eメール:seishonen@pref.hyogo.lg.jp