ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉一般 > 社会福祉・生活支援 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(お知らせ)

更新日:2022年7月5日

ここから本文です。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(お知らせ)

1.本給付金の概要

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々に対し、速やかに生活・暮らしの支援を行う観点から、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円の現金を給付する事業です。

2.給付額

1世帯当たり10万円

3.対象世帯

(1)住民税非課税世帯

1.給付要件

令和3年12月10日において住民基本台帳に記録されており、以下のいずれかに該当する世帯。

  • ア 世帯全員が令和3年度住民税均等割が非課税である世帯(令和3年度非課税分)
  • イ 世帯全員が令和4年度住民税均等割が非課税である世帯(令和4年度非課税分)

※令和4年度非課税分については、既に本給付金の給付を受けた世帯(令和3年度非課税分について未申請又は辞退した世帯を含む。)と同一の世帯及び当該世帯の世帯主であった者を含む世帯は対象外となります。

※住民税均等割が課税されている者の扶養親族のみで構成される世帯は対象外となります。

2.給付事務の実施主体

  • ア 令和3年度非課税分については、令和3年12月10日時点で住民基本台帳に記録されている市町
  • イ 令和4年度非課税分については、令和4年6月1日時点で住民基本台帳に記録されている市町

3.留意事項

  • ア 修正申告等により給付対象外となった世帯
    既に給付を受けたが、修正申告や所得更正を行った結果、住民税が課税となった場合は、給付金を返還する必要がありますので、給付を受けた市町にその旨お申し出ください。
  • イ 生活保護を受給している方
    令和3年度非課税分については令和3年12月10日時点、令和4年度非課税分については令和4年6月1日時点において、生活保護(いわゆる単給を含む。)を受給している方は、住民税均等割非課税とみなします。
  • ウ DV等避難者、虐待等による措置入所者等の方
    DV等避難者、虐待等による児童福祉法等の措置入所者の方で、現在の居住地(避難先・措置先)に住民票を移していない場合は、住民票を移し、独立した世帯になっているものとみなした上で、給付要件を満たす場合には、現在の居住地(避難先・措置先)の市町に申請することで給付の対象となります
  • エ ホームレス等の方
    令和3年12月10日時点において、日本国内で生活していたが、いずれの市町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、各市町で定める申請期限までに初めて市町村の住民基本台帳に記録されることとなった方(ホームレス等)は、給付要件を満たす場合には、当該市町村において給付の対象となります。

(2)家計急変世帯

1.給付要件

上記(1)住民税非課税世帯のほか、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和4年度住民税非課税世帯と同様の事情にあると認められる世帯

※住民税非課税世帯として支給を受けた世帯に属していた者を含む世帯(当該者が住民税非課税世帯に該当しない世帯に編入された場合の当該世帯を除く。)は対象外となります。

※令和4年6月1日において同一世帯に同居していた親族について、令和4年6月2日以降の住民票の異動により、同一住所において別世帯とする世帯の分離の届出があったものは、同一世帯とみなし、同一住所に住民登録されているいずれかの世帯に対し給付金を支給した場合、同一住所におけるその他の世帯は対象外となります。

2.判定方法

同一の世帯に属する者のうち令和4年度分の住民税均等割が課されているもの全員のそれぞれの1年間の収入見込額又は1年間の所得見込額が、住民税均等割が非課税となる水準に相当する額以下である世帯

※1年間の収入見込額:令和4年1月以降の任意の1か月の収入に12を乗じて得た額

※1年間の所得見込額:当該収入見込額から1年間の経費等の見込額を控除して得た額

3.給付事務の実施主体

申請時の住所地市町村

4.家計急変世帯の申請期限

令和4年9月30日(令和4年9月までの家計急変を対象)

5.留意事項

  • ア 事業活動に季節性がある方等
    新型コロナウイルス感染症の影響を受けて収入の減少があった世帯に対し給付するものであり、例えば、事業活動に季節性があるケースにおける繁忙期や収穫・出荷時期等、通常収入を得られる時期以外を対象月として申請した場合には、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したわけではないため、要件を満たさず、対象となりません。
  • イ 不正行為・不正受給
    新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少したわけではないのもかかわらず、意図的に給付を申請することは不正行為に該当します。
    不正受給をした者は、詐欺罪に問われ、懲役10年以下の刑に処されることがあります。
    不正受給が明らかになった場合は、給付金を返還する必要があります。

4.給付開始日

各市町で決定

5.臨時特別給付金の給付を装った特殊詐欺等の被害防止

臨時特別給付金に関連して、国、県、市町が以下を行うことは絶対にありません。

  • 現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすること
  • 受給に当たり、手数料の振込みを求めること
  • クレジットカードや預金通帳をお預かりすること・暗証番号を教えてほしいということ
  • メールを送り、URLをクリックして申請手続きを求めること


上記にあてはまる事例がありましたら、お住まいの市町や最寄りの警察署にご連絡ください。

6.お問い合わせ

(1)国コールセンター

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の制度に関するお問い合わせに対応するため、国では、コールセンターを設置しています。

国コールセンター

電話番号:0120-526-145(フリーダイヤル)
時間:土日祝を除く午前9時から午後8時まで

なお、支給手続や支給時期に関しては、国、県ではわかりかねますので、各市町(下記各市町対応窓口等一覧を参照)にお問い合わせください。

(2)県内各市町における対応窓口等

県内各市町における対応窓口等は以下のとおりです。

市町名 担当部署 電話番号 備考(対応時間等)
神戸市 神戸市暮らし支援臨時特別給付金
専用コールセンター
(078)777-4352 平日9時~17時
姫路市 姫路市臨時特別給付金コールセンター (079)221-1502 平日8時35分~17時20分
尼崎市 尼崎市臨時特別給付金専用ダイヤル (050)3133-1403 平日9時~17時30分
明石市

明石市臨時特別給付金コールセンター

住民税非課税世帯分

家計急変世帯分

 

(0570)200-918

(0570)012-918

 

平日9時~17時30分

平日9時~17時30分

西宮市 西宮市臨時特別給付金コールセンター (0120)191-073 平日8時45分~17時30分
洲本市 健康福祉部福祉課 (0799)26-1166 平日9時~17時
芦屋市 住民税非課税世帯等臨時特別給付金担当 (0797)38-2053 平日9時~17時
伊丹市 伊丹市臨時特別給付金等コールセンター (072)764-5537 平日9時~17時30分
相生市 相生市臨時特別給付金窓口 (0791)23-7262  
豊岡市 社会福祉課 (0796)21-9005 平日8時30分~17時15分
加古川市 福祉部高齢者・地域福祉課 (079)427-9021  
赤穂市 社会福祉課臨時特別給付金担当 (0791)43-6982 平日8時30分~17時15分
西脇市 福祉部社会福祉課 (0795)22-3111  
宝塚市 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金
コールセンター
(0797)80-7405 平日9時~17時30分
三木市 健康福祉部福祉課臨時特別給付金担当 (0794)82-9008 平日8時30分~17時
高砂市

臨時特別給付金コールセンター(非課税世帯)
臨時特別給付金担当(家計急変世帯)

(079)490-7514
(079)490-7512

平日8時30分~17時
平日8時30分~17時15分
川西市 臨時特別給付金担当 (072)740-3050 平日9時~17時
小野市 市民福祉部社会福祉課 (0794)63-1000 平日8時45分~17時15分
三田市 共生社会部福祉共生室暮らしの安心課 (0120)333-510 平日9時~17時30分
加西市 健康福祉部地域福祉課 (0790)42-8730  
丹波篠山市 住民税非課税世帯等臨時特別給付金室 (079)554-3101 平日8時30分~17時15分
養父市 健康福祉部社会福祉課 (079)662-3162  
丹波市 健康福祉部社会福祉課 (0795)86-7031 平日8時30分~17時15分
南あわじ市 市民福祉部福祉課 (0799)43-5216  
朝来市 健康福祉部社会福祉課 (079)672-6123 平日8時30分~17時15分
淡路市 健康福祉部福祉総務課 (0799)64-2509 平日8時30分~17時15分
宍粟市 健康福祉部社会福祉課 (0790)63-3067  
加東市 健康福祉部社会福祉課(コールセンター) (0795)43-0584 平日8時30分~17時15分
たつの市 健康福祉部地域福祉課 (0791)64-3154  
猪名川町 生活部福祉課地域福祉担当 (072)766-8701 平日8時45分~17時30分
多可町 多可町コールセンター
臨時特別給付金(住民税非課税世帯等)担当
(0795)27-7080 平日9時~17時
稲美町 地域福祉課(臨時特別給付金専用ダイヤル) (079)492-9251  
播磨町 税務グループ住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金担当 (079)441-0022 平日8時30分~17時15分
市川町 健康福祉課福祉係 (0790)26-1013 平日8時30分~17時15分
福崎町 健康福祉課 (0790)22-0560  
神河町 健康福祉課 (0790)32-2421 平日8時30分~17時15分
太子町 生活福祉部社会福祉課 (079)277-1013  
上郡町 健康福祉課 (0791)52-1114 平日8時30分~17時15分
佐用町 健康福祉課 (0790)82-0661  
香美町 福祉課 (0796)36-1964  
新温泉町 健康福祉課 (0796)82-5620  

(3)よくあるご質問

ご自身の対象の有無については、「よくあるご質問」(PDF:320KB)をご参照ください。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について(内閣府ホームページ)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

部署名:総務部 市町振興課 財政班

電話:078-362-3096

FAX:078-362-3907