ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 地震・津波対策 > E-ディフェンスを活用した加振実験のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2019年10月15日

E-ディフェンスを活用した加振実験のお知らせ

研究テーマ:「土のう構造体を用いた道路盛土の新たな耐震補強工法の実用化検証」

国立研究開発法人防災科学技術研究所と兵庫県は、共同研究として、実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)を活用し、土のう構造体を用いた道路盛土の耐震補強工法の性能を検証します。今回の実験では、鋼製土槽(W16m×D4m×H4.5m)の中に、2タイプの土のう構造体を実大規模(高さ4m)の盛土に設置し、加振実験を行い、耐震性能を比較検証することを目的としています。

  1. 名称
    E-ディフェンスを活用した減災対策実験―土のう構造体を用いた道路盛土の新たな耐震補強工法の実用化を目指して―
  2. 日時
    令和元年11月12日(火曜日)13時45分~15時15分※13時00分受付開始(13時30分受付締切)
  3. 場所
    国立研究開発法人防災科学技術研究所兵庫耐震工学研究センター(兵庫県三木市志染町三津田西亀屋1501-21)
  4. 実験主体
    国立研究開発法人防災科学技術研究所、兵庫県<共同研究>(兵庫県の協力機関として、国立大学法人神戸大学)
  5. 実験内容
    記者発表資料(PDF:963KB)をご参照ください
  6. 対象・定員
    報道機関・研究機関・建設関係者・防災関係者・一般の方など
    • 報道機関の方:
      別添の「プレスご回答用紙」にてFAXでお申し込み下さい。また、事前のご質問に関しては、「プレスご回答用紙」に添えて提出下さい。
    • 報道機関以外の方:
      http://www.bosai.go.jp/hyogo/(定員80名 先着順)※定員に達し次第申込みを締め切らせていただきます。

土のうモデル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局防災企画課

電話:078-362-9809

FAX:078-362-9914

Eメール:bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp