ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 被災地支援 > ハイチ地震兵庫県義援金プロジェクトについて

ここから本文です。

更新日:2021年1月6日

ハイチ地震兵庫県義援金プロジェクトについて

ハイチ地震兵庫県義援金プロジェクトが決定しました

ハイチ地震兵庫県義援金募集委員会では、平成22年1月に発生したハイチ地震に際し、県民の皆様から多くの義援金をお預かりしました。この度、ハイチ共和国政府(駐日ハイチ共和国大使館)及びICA文化事業協会と協力し、下記のとおり、被災地での小学校再建等を実施することとなりました。
  • (1)事業内容:被災地の小学校の再建(ハイチで初となる避難所機能を有する小学校)、地域住民参加による地域防災推進会議の開催、防災教育・保健事業(感染症等)の実施
  • (2)事業実施機関:ICA文化事業協会
    (ICA文化事業協会は、国連総会への参加資格を持つ数少ない国際NGOのひとつであり、ハイチ地震に際しては、震災直後の食糧支援、政府と連携した仮設小学校の建設事業等を実施しています。)
  • (3)事業総額:29,619千円
  • (4)事業期間:平成23年4月27日~平成23年12月31日(約8ヶ月間)

協定書署名式を実施しました

ハイチ地震兵庫県義援金プロジェクト 協定書署名式の様子

ハイチ地震兵庫県義援金募集委員会では、プロジェクトのカウンターパートであるハイチ共和国政府(駐日ハイチ共和国大使館)及びICA文化事業協会との間で、下記のとおり、協定書署名式を開催しました。
  1. 日時:平成23年4月27日(水曜日)13時45分~14時15分
  2. 場所:兵庫県公館 第2会議
  3. 出席者:

兵庫県知事 井戸 敏三

兵庫県市長会事務局長 岩畔 法夫

兵庫県市議会議長会事務局長 加地 研一

兵庫県町議会議長会会長 山口 雄三

社会福祉法人兵庫県社会福祉協議会会長 武田 政義

神戸新聞厚生事業団理事長 松岡 克博

兵庫県商工会連合会会長 木南 岩男


駐日ハイチ共和国大使館臨時代理大使 ジュディト・エグザヴィエール


ICA文化事業協会理事長 佐藤 静代

ICA文化事業協会副理事長 ウェイン・エルスワーズ


お問い合わせ

部署名:企画県民部防災企画局防災企画課

電話:078-362-9870

FAX:078-362-9914

Eメール:bousaikikakuka@pref.hyogo.lg.jp

部署名:部署名:企画県民部防災企画局防災企画課  
電話:078-362-9870