ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広報 > 広報全般 > 兵庫県のふるさと納税「ふるさとひょうご寄附金」 > 神戸新開地・喜楽館 応援プロジェクト

ここから本文です。

更新日:2019年4月23日

【募集終了】神戸新開地・喜楽館 応援プロジェクト

 かつて「東の浅草、西の新開地」と称され、大衆娯楽の街として栄えた新開地に、平成30年7月11日、落語や演芸が毎日楽しめる演芸場が42年ぶりに誕生しました。昼は上方落語の定席、夜は上方落語はもちろん、東西落語、講談、浪曲などの演芸のほか音楽、ダンスなど幅広く楽しむことのできる演芸場です。地域の活性化が期待される、この演芸場の運営を支援するため、みなさまからのご寄附を募って参りましたが、開館より約1年がたち、今年度をもって兵庫県でのふるさと寄附金の募集は終了とさせていただきます。

県民センターとしては、今後も引き続き、喜楽館を中心とした賑わいづくりに尽力してまいりますので、みなさま応援のほどよろしくお願いいたします。

 

施設の概要

  喜楽館ロゴ  喜楽館 筆

○ 敷地面積 約500平方メートル(2階建て)
○ 席数 約200席(1階150席、2階50席)
○ 運営主体 
 特定非営利活動法人 新開地まちづくりエヌピーオー
 (上方落語協会、市、県も協力しています)地図

○ 場所
 神戸市兵庫区新開地2丁目4-13(新開地2丁目商店街内) 

○ アクセス
 ・各線(神戸高速・阪神・阪急・山陽・神戸電鉄)『新開地駅』 徒歩2分
 ・JR『神戸駅』 徒歩15分
 ・神戸市営地下鉄『湊川公園駅』 徒歩5分
 ・神戸電鉄『湊川駅』 徒歩5分

○ 公演
 昼は落語中心の定席公演、夜は貸館

 詳しくは神戸新開地・喜楽館ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。  

 

寄附金の使い道    

1 寄附金額の合計

 平成29年度 554,000円

 平成30年度 107,000円 

 

2 寄附金の使い道

 皆様からのご寄付は、喜楽館の運営のため下記のとおり使用させていただきました。

(1)神戸新聞記事下広告などの広報費用

(2)バウンダリマイクロフォンの購入

   床に設置して音を拾うマイクです。 

(3)黒紗幕、すだれの購入

   落語等の最中、音響ブースや三味線担当が見えないように、また、中から舞台を見えるようにする幕及びすだれです。

 

 関連リンク

ふるさとひょうご寄附金・トップページ

神戸新開地・喜楽館ホームページ(外部サイトへリンク)

新開地ファン(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

部署名:神戸県民センター 県民交流室 県民・産業振興課(産業振興担当)

電話:078-361-8646

FAX:078-361-8589

Eメール:kobe_kem@pref.hyogo.lg.jp