ホーム > 2017年5月記者発表資料 > 東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座 受講生募集

ここから本文です。

東お多福山草原生物多様性ガイド養成講座 受講生募集

2017年5月19日

担当部署名/神戸県民センター県民交流室県民課  直通電話/078-361-8629

六甲山東お多福山には、かつてはいろいろな草原生植物がみられる生物多様性豊かなススキ草原が広がっていました。

しかし、戦後の管理放棄等によりネザサが密生し、草原生植物の生育できない生物多様性の乏しい姿に変わってしまいました。

このため、現在、市民団体を中心として、ネザサの刈り取り管理活動が行われており、再生の兆しが見えてきています。

そこで、草原の生物多様性保全、草原の管理方法などについて、実習中心のプログラムを通じて学び、自らがガイドとして広く一般県民に伝え、活動の輪を広げる活動に取り組む人材を育成するため、当講座を開催します。

 

対    象:植物や生物多様性、環境学習に関心のある方

日時・回数:平成29年6月17日(土)から12月2日(土)までの全6回

開催場所:第1回及び第6回:神戸市中央区  

       第2回~第5回:東お多福山草原(神戸市東灘区)

受  講  料:無料(ただし、現地までの交通費は各自負担)

募集定員:20名(先着順)

 

※ 6月17日(土)に開催される第1回講義は公開講座ですので、ガイド養成講座の受講者以外でもご参加いただけます。

 

詳細は下記関連資料をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。