ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 台風・豪雨・大雨 > 平成16年災害復興誌

ここから本文です。

更新日:2008年3月25日

平成16年災害復興誌

■平成20年3月25日公表

平成16年災害復興誌
 平成16年は台風第23号等の暴風や豪雨により、県下各地に公共土木施設や山林・農地等に大きな被害を受けました。これまで、災害復旧事業等を着実に推進してきた結果、平成20年3月に、改良復旧事業の一部(激甚災害対策特別緊急事業、床上浸水対策特別緊急事業等)を除き、復旧・復興事業が全て完了しました。
 そこで、これまでの約3年間の取り組みを、今後の防災・減災対策の参考として活かすため、「平成16年災害復興誌」として取りまとめました。
目次
はじめに
1章 災害の発生
 (1) 気象の概要
 (2) 被害状況
 (3) 台風第23号の被災原因
 (4) 台風第23号における防災情報の発信と避難までの動き
2章 復旧・復興に向けた初期の動き
 (1) 体制
 (2) 知事などの動きと国への支援要請
 (3) 災害査定の簡素化
 (4) 災害復旧対象事業の運用
 (5) 復旧・復興に関する事業費
 (6) 復旧・復興事業推進計画
 (7) 緊急的な対策
3章 復旧・復興に向けた基本的な考え方
 (1) 流域全体における総合的な対策
 (2) 災害に強い森づくり
 (3) 土砂災害対策
 (4) ため池の防災対策
 (5) 洪水対策
 (6) 高潮対策
 参考-1 検証体制及び検討経過
 参考-2 防災対策の整備効果
4章 復旧・復興の推進
 (1) 安全・安心な地域づくり
 (2) 都市の元気を目指して
 (3) 環境に配慮した取り組み
 (4) 農林水産部と県土整備部の連携
 (5) 国体に向けた取り組み
5章 減災対策の推進
 (1) 県民の確実な避難に役立つ危険情報の提供
 (2) 市町の水防活動などへの支援
 (3) 県民の避難行動を迅速に行うための支援
 (4) 安全な土地利用への誘導
 (5) 迅速な復旧に向けた対応
6章 減災社会の実現へ~風水害対策の総合的な推進~
 (1) ひょうご治山・治水防災実施計画
 (2) 兵庫県住宅再建共済制度の開始
 (3) 県民緑税の導入(災害に強い森づくり)
参考資料
1 平成16年台風第23号からこれまでの主な出来事
2 避難の状況
3 緊急提言
4 査定結果
5 台風第23号災害検証報告書
6 平成18年7月豪雨において防災機能を発揮した施設
7 平成16年災害関連の冊子・パンフレット

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局技術企画課

電話:078-362-9247

FAX:078-362-4433

Eメール:kendo_gijyutsu@pref.hyogo.lg.jp