ホーム > まちづくり・環境 > 公共交通 > 鉄道・車両交通 > 余部鉄橋の概要(3)

ここから本文です。

更新日:2006年9月1日

余部鉄橋の概要(3)

7. 列車運行への影響

 過去10年間の最大値としては、遅延列車本数が平成7年に373本/年、運休列車本数が平成6年に205本/年となっています。
 また、列車の風速規制は、12月から3月の間に全体の70%が集中しており、冬季の影響が著しくなっています。


抑止回数 (回) 影響列車本数 (30分以上遅延) (本) 運休列車本数 (本)
H6年 187 309 205
H7年 136 373 163
H8年 186 245 69
H9年 142 133 119
H10年 63 71 30
H11年 137 142 81
H12年 189 168 92
H13年 43 85 27
H14年 75 94 41
H15年 43 60 11
平均 120 168 84

余部鉄橋列車運行規制の月別構成比


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局交通政策課

電話:078-362-3885

FAX:078-362-4277

Eメール:kendo_koutsuu@pref.hyogo.lg.jp