ホーム > まちづくり・環境 > 公共交通 > 鉄道・車両交通 > JR山陰本線・播但線輸送改善事業

ここから本文です。

更新日:2009年9月1日

JR山陰本線・播但線輸送改善事業

特急「はまかぜ」新型車両(JR西日本記者発表より)

 余部橋梁架替による定時性確保の効果を最大限に発揮させ、沿線地域の利便性を向上させるため、地上設備の改良を進め、新型車両導入時の速達性向上を図る。

事業概要
事業区間 : JR山陰本線  和田山駅~居組駅間(85.2km)
                     JR播但線      寺前駅~和田山駅間(36.1km)
事業内容 : 踏切信号施設、駅部クランク等の地上設備改良
事業効果 : 新車両導入時の速達性向上等による利便性の向上
事業期間 : 平成21年度~平成25年度(平成23年春に特急「はまかぜ」新型車両を導入)

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局交通政策課

電話:078-362-3885

FAX:078-362-4277

Eメール:kendo_koutsuu@pref.hyogo.lg.jp