ホーム > まちづくり・環境 > 公共交通 > 鉄道・車両交通 > 余部鉄橋撤去鋼材活用方策アイデアコンペ委員会

ここから本文です。

更新日:2008年9月1日

余部鉄橋撤去鋼材活用方策アイデアコンペ委員会

余部鉄橋撤去鋼材活用方策アイデアコンペ委員会

余部鉄橋


「余部鉄橋の保存と再出発に向けた提言」に基づき、余部鉄橋の継承の取り組みの一つとして、余部鉄橋から撤去する鋼材の活用方策に関して、多様かつ斬新なアイデアを募集するため、本委員会を設置し、アイデアコンペを実施することとしました。

余部鉄橋の鋼材の活用に向けたアイデアコンペ


現在、JR山陰本線余部鉄橋では、安全性・定時性の確保のために新橋梁への架替工事が着々と進められており、現鉄橋は間もなく鉄道橋としての役割を終えようとしています。現鉄橋は、近代土木遺産としての価値が高いことから、「余部鉄橋の継承」の取り組みの一つとして、余部鉄橋から撤去する鋼材の活用を考えています。

余部鉄橋の近代土木遺産としての価値を後世に継承し、地域振興にも役立てる視点で、余部鉄橋から撤去される鋼材の活用方策の検討に向けて、一般の方から多様かつ斬新なアイデアを平成20年9月16日(火)~10月24日(金)で募集しました。

全国から、169作品(オブジェ部門105作品、グッズ部門49作品、展示・保存部門13作品、研究部門2作品)の応募を頂き、平成20年11月22日(土)に、香住文化会館(美方郡香美町香住区)で審査会を開催しました。結果は以下のとおりです。

 

<オブジェ部門>

・最優秀賞:No.35「展望台」

・優秀賞:No.50「空の駅へいざなう灯りの街灯 空あかり」

・地域振興賞:No.24「案内塔」

・地域振興賞:No.61「鉄橋部材の道しるべ」

・特別賞:No.1 「大きなブランコ」

・特別賞:No.73「「余部鉄橋記念施設」および「道の駅」の建築物の構造材として利用」

・キッズ賞:No.88「あまるべてっきょう うんてい」

 

<グッズ部門>

・最優秀賞:No.9 「未来への橋渡し 《余部鉄橋》を缶詰のなかへ詰めてみました」

・優秀賞:No.26「餘部鉄橋Centuryフォトスタンド」

・地域振興賞:No.19「AmarubeMemorial ストラップ 限定シリアルナンバー付」

・地域振興賞:No.34「リベットの置物」

・特別賞:No.7 「ペンコイドプレート」

・特別賞:No.33「応接テーブル”Bridge"」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部県土企画局交通政策課

電話:078-362-3885

FAX:078-362-4277

Eメール:kendo_koutsuu@pref.hyogo.lg.jp