ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > イベント・その他(河川整備) > 武庫川の総合的な治水対策シンポジウム講師・パネリストプロフィール

ここから本文です。

更新日:2020年7月7日

武庫川の総合的な治水対策シンポジウム講師・パネリストプロフィール

基調講演 気候変動下の総合治水と持続可能社会

講師 道奥康治(みちおく こうじ) 法政大学教授、兵庫県河川審議会会長

 

道奥康治

<プロフィール>

神戸大学工学部助教授、教授を経て2014年より現職。また2002年より兵庫県河川審議会委員へ就任し、2014年より同会長を務める。日本学術会議連携会員。

専門は河川環境・環境水理学で、貯水池など停滞水域の水質水理学、自然材料を用いた河川構造物の水理設計などに関する研究に従事。2017年に兵庫県功労者(県政功労)を受賞。工学博士

 

パネルディスカッション パネリスト

テーマ:豪雨災害の激甚化・頻発化を踏まえた武庫川の総合的な治水対策

 

大石哲

パネリスト 大石 哲(おおいし さとる)

神戸大学教授、武庫川水系河川整備計画フォローアップ懇話会座長

地域の力と先端手法の融合による武庫川の治水

 

馬場美智子

パネリスト 馬場 美智子(ばんば みちこ)

兵庫県立大学大学院教授

全員参加による流域治水の展望と武庫川の治水

 

山本義和

パネリスト 山本 義和(やまもと よしかず)

武庫川流域圏ネットワーク代表、神戸女学院大学名誉教授

市民と行政が理解、連携して環境にも配慮した武庫川づくりを

 

 

 

 

 

服部洋平

パネリスト  服部 洋平(はっとり ようへい)

兵庫県県土整備部長

国土強靱化対策を活用して総合治水対策のさらなる加速が必要

 

お問い合わせ

部署名:県土整備部土木局武庫川総合治水室

電話:078-362-4028

内線:4333

FAX:078-362-3942

Eメール:Muko_chisui@pref.hyogo.lg.jp