ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > まちづくり指針 > 福祉のまちづくり(福祉のまちづくり条例・バリアフリー関連事業) > 福祉のまちづくり基本方針

ここから本文です。

更新日:2018年9月14日

福祉のまちづくり基本方針

兵庫県では、高齢者や障害者を含むすべての県民がいきいきと生活できる福祉のまちづくりを総合的に推進するため、福祉のまちづくり条例に基づき、県、市町、県民及び事業者の具体的な取り組みのあり方を示す「福祉のまちづくり基本方針」を定めています。

近年著しい高齢化の進展や障害者の社会進出の拡大、さらには訪日外国人等の多様な要配慮者の増加といった、福祉のまちづくりを取り巻く状況の変化に的確に対応するため、平成28年7月に基本方針を改定しました。

基本方針の概要

(1)福祉のまちづくりの理念

  • 急速な高齢化や障害者の社会進出の進展等に対応し、ユニバーサル社会づくりの視点のもとに、福祉のまちづくりを実現するため、以下を福祉のまちづくりの理念としています。
  • 高齢者、障害者、妊婦、乳幼児をはじめとするすべての人々が、いつでもいきいきと生活し、能力を発揮して活動できる安全・安心で快適なまちづくり

(2)福祉のまちづくりに関する整備目標

福祉のまちづくりに関する施策を効果的に推進するため、目標年次を平成32年度として、施設のバリアフリー化等に関する整備目標を定めています。

(3)基本的方向と主な推進施策

福祉のまちづくりの理念のもと、以下の基本的方向に沿って施策を推進します。

~人、場所、時に応じた取組の推進~

  • 1 多様な要配慮者の特性に応じた取組の拡大
  • 2 地域の特性に応じた取組の推進
  • 3 災害時・非常時に対応した取組の推進

~利用者が主体的にまちづくりに関わり、スパイラルアップを推進~

  • 4 障害者等当時者の主体的な参画による取組の推進

~意識啓発・相互理解の促進~

  • 5 情報のバリアフリー化の一層の推進
  • 6 公共、民間事業者、県民の意識を高め、相互理解を深める取組の推進
  •  

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県土整備部まちづくり局都市政策課

電話:078-362-4298

FAX:078-362-9487

Eメール:Kendo_toshi@pref.hyogo.lg.jp