ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 北播磨県民局 > 北播磨地域ビジョン委員会

ここから本文です。

更新日:2019年5月9日

北播磨地域ビジョン委員会

北播磨地域ビジョン委員会では、54名の第9期地域ビジョン委員(任期:平成30年4月~平成32年3月)が、「ひょうごのハートランド」をめざし、5つの分科会に分かれて、それぞれ創意工夫を凝らした多彩な実践活動と地域ビジョンの普及に取り組んでいます。

新着情報 

「自然を食べよう!2019春」4月30日(木曜日) (恵み豊かな環境が持続する分科会)

 恵み豊かな環境が持続する分科会では「摘み菜を伝える会」の藤井文子さんを講師に迎えて22名の参加者で摘み菜会を開催しました。会場の嬉野台生涯教育センター「冒険の小川」付近は、最近減りつつある在来種の野草が多く自生しており、藤井先生からも「この辺りは自然が豊かで、野草の宝庫のような土地が残っていて素晴らしい!」の言葉がありました。 食べられる草と毒草について学んだあと、"おいしそうな"野草を選んで摘み、ピザに焼いて試食しました。予想外のおいしさにみなさん顔がほころび「家でも作ります!」の声が続出しました。

 ピザ作りと並行して「おのみーず」(小野市)・「三木市水道水」・「鴨川清水」(加東市)・「自然織りなすへその水」(西脇市)・「兵庫の保存飲料水」(兵庫県企業庁)の利き水体験を行いました。飲み比べてみると確かにそれぞれ味が違い、ふだん何気なく飲んでいる水にも意識を向ける機会になりました。

 

摘み菜をする皆さん

摘み菜を楽しむ参加者

摘み菜の様子

摘み菜の様子

 

 

ピザの出来上がり

出来上がった「摘み菜ピザ」

窯入れ

ピザ窯から 焼きあがり

「北播磨の“音風景50選”を巡る旅~西脇・多可編~」の参加者を募集します。(文化が花開く分科会)

「北播磨の”音風景50選”を巡る旅」第2回は西脇・多可を巡ります。北播磨の魅力満載のツアーです。多くの皆さまのご応募をお待ちしています。

西脇・多可ちらし表

西脇多可ちらし裏

 

1日時:令和元年6月22日(土曜日) 9時~16時30分

2集合・解散:兵庫県社総合庁舎(加東市社字西柿1075-2) 

3行程:兵庫県社総合庁舎→杉原紙研究所→旧来住家住宅→皮革工房→播州織工房館→西林寺あじさい園→岡之上美術館・経緯度標→〔加古川線乗車体験〕→兵庫県社総合庁舎

4参加費:1,500円(昼食代等)

5募集人数:45名(先着順)

6締切:5月31日(金曜日)

7申込方法:申込用紙にご記入の上、北播磨県民局企画総務室(ビジョン担当)までFAXでお申し込みください。(メール、郵送、電話も可)

申込用紙(募集ちらし)(PDF:563KB) 

8申込先  北播磨県民局 総務企画室(ビジョン担当)加東市社字西柿1075-2

電話:0795-42-9351 FAX:0795-43-0169
Eメール:kharimasom@pref.hyogo.lg.jp
 

   

「保田ぼかしによる健康野菜づくりの勉強会」4月18日(木曜日) (元気な産業が興る分科会)

 元気な産業が興る分科会では、安心安全な有機肥料「HYS低温発酵有機資材 保田ぼかし」を利用した有機農業の普及と安心安全な農産物の魅力の発信に努めています。今年度も「保田ぼかし」を使った有機農業の勉強会を年8回のシリーズで開催します。第1回勉強会を4月18日(木曜日)に行いました。内容は有機農業の考え方と方法です。今回は講義に続いて実技演習があり、実際に米ぬか・油粕・魚粉・貝殻石灰を合わせて「保田ぼかし」を作り、施肥の仕方を学びました。初めてこの講座に参加した方からは「来てよかった!1年間しっかり勉強したい。」という声が、また継続して参加しておられる方からは「何年も勉強させてもらっているが、今日も今まで知らなかった新しい気づきがあった。続けて来ていても毎回学ぶことがある。」という声があり、北播磨に有機農業が広がりつつあるのが感じられました。

 

講義の様子

講義の様子

実習の様子1

「保田ぼかし」製作実習

説明の様子

説明を熱心に聞く受講生の皆さん

 

 

「北播磨の音風景50選を巡る旅~三木・小野編~」4月17日(火曜日) (文化が花開く分科会)

 文化の花が開く分科会では北播磨の魅力を"音"を通じて発信しようと「北播磨の音風景50選」を制作し、インターネットにて公開しています。詳しくはこちら  (40選はすでに公開、残り10選はただ今準備中)

 今回は、その"音風景"ゆかりの地を巡り、三木市と小野市の魅力を、実際に耳と目で体感してもらうツアーです。車中で「北播磨音風景50選」のDVDを視聴しながら、法界寺→三寿ゞ刃物→自衛隊青野駐屯地→住吉神社(車窓より)→土井竹工房→浄土寺→ひまわりの塔(車窓より)と巡りました。

鎌倉初期に浄土寺を立てた重源、戦国の別所長治、昭和から令和の今に続く三木の刃物や小野の竹工芸、災害復興に活躍する自衛隊まで、歴史の中で生き続けてきた北播磨の人々を思い、その魅力を堪能するツアーでした。

法界寺

法界寺

絵解き

三木合戦絵解きを待つ人々

三寿ゞ刃物店

三寿ゞ刃物

刃研ぎ作業

刃研ぎ作業

 

戦車

陸上自衛隊青野原駐屯地

自衛隊集合写真

中SAM搭載車両の前にて

土井竹工芸

土井竹工芸 竹細工

浄土寺 

浄土寺 浄土堂

第2回は6月に西脇・多可編を予定しています。皆さんのご参加をお待ちしています。

 

以前の活動状況については「詳しい活動状況」をご覧ください 。

 

実践活動

北播磨地域のめざすべき5つの地域像ごとに、分科会に分かれて実践活動に取り組んでいます。

<交流が拡がる分科会>

~「まちむら交流」で活力を育む地域をめざします~

  • 北播磨の自然環境を楽しめる都市公園を活かしたゲームを開催し、地域外との交流を進め、地域のにぎわいをつくります。
  • 里歩きや体験型イベントを通じ、世代を超えた交流を図ります。
  • 「北歩(ほっぽ)くん」とともに、ビジョン委員会の普及に努めます。

 

<生活(くらし)の絆が深まる分科会>

~家族・地域・生活(くらし)の絆を深めるとともに、絆の力で安全・安心を支える地域をめざします~

  • 防災学習の観点から、子ども達自ら身の安全を守ることができるように防災意識を伝えていく取り組みを行います。

 

<文化が花開く分科会>

~芸術・文化を暮らしに活かす地域をめざします~

  • 北播磨らしい音風景や音楽を集め、地域内外に北播磨のすばらしさを発信します。

 

<恵み豊かな環境が持続する分科会>

~北播磨が持つ豊かな自然・生態系の調和した暮らしが持続する地域をめざします~

  • 有害鳥獣をはじめとする環境調査を通じて北播磨地域の現況を把握し、地域環境の向上に努めていきます。

 

<元気な産業が興る分科会>

~多様な産業が活性化し、だれもが生きがいを持って働ける地域をめざします~

  • 安全、安心な有機肥料「HYS低温発酵有機資材 保田ぼかし」の学習、実践活動を通じて、有機農業の普及と安全・安心な農産物の魅力の発信に努めます。
  • 食と農について関心を持つ地域の若者を、農業の6次産業化に熱心な企業、グループに繋いでいきます。

 

 

詳しい活動状況 →   平成28年度  平成29年度  平成30年度

 Facebookロゴ(外部サイトへリンク)
北播磨地域ビジョン委員会のこれまでの活動は、フェイスブックで詳しくご覧いただけます。活動報告のほか、イベントなどのお知らせや参加者募集も掲載しています。

 

 

北播磨の音風景

音風景タイトル文化が花開く分科会では、音風景のもつ情感に訴える力に着目し、ビジョン委員自らの手で「北播磨の音風景」を制作しました。地域を離れて暮らしている方、地域に馴染みの薄い方々に北播磨地域に足を運んでいただける機会になればと考えています。

 北播磨の音風景マップと一覧はこちらから

 

 

 

 

Facebook

北播磨地域ビジョン委員会では、北播磨地域ビジョンに関する情報や委員会の活動等に関する最新の情報を、ビジョン委員会広報委員自らがフェイスブックで楽しく発信しています。

北播磨地域の地域資源に関する投稿やコメントをお待ちしています。

北播磨地域ビジョン委員会イメージキャラクター「北歩(ほっぽ)くん」

北歩くんイラスト

北歩くんは、北播磨の地形がベースで、かぶと虫がモデルです。

ユニフォームの色が表すもの
「緑」・・・豊かな自然
「青」・・・加古川などの清流
「黄」・・・住民の元気や活気
「赤」・・・ビジョン委員の熱い思い

 

北歩くん着ぐるみ

着ぐるみの貸し出しを行っていますので、イベント等でのご使用をご希望の方はご連絡ください。

 

北播磨地域ビジョン委員会だより「北歩(ほっぽ)くんが行く」

より多くの方に委員会の活動状況等を知っていただくために、広報誌を毎年発行しています。

NEW!  「北歩くんが行く 第5号」(全ページ)(PDF:3,771KB)  

「北歩くんが行く 第4号」(全ページ)(PDF:2,872KB)

「北歩くんが行く 第3号」(全8ページ)(PDF:6,707KB)

「北歩くんが行く 第2号」(1~5ページ)(PDF:9,419KB)
「北歩くんが行く 第2号」(6~12ページ)(PDF:3,147KB)

「北歩くんが行く 創刊号」(PDF:1,450KB)

北歩くんが行く第5号表紙

北歩くんが行く 第5号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AEDトレーナー及び蘇生法教育人体モデルの貸し出し

 AEDトレーナー及び蘇生法教育人体モデルの貸し出しを行っています。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:北播磨県民局 総務企画室

電話:0795-42-9513

FAX:0795-43-0169

Eメール:kharimasom@pref.hyogo.lg.jp