ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 国道427号西脇道路(下戸田工区)の完成

ここから本文です。

国道427号西脇道路(下戸田工区)の完成

2019年12月19日

担当部署名/加東土木事務所多可事業所  直通電話/0795-32-1001

西脇市のメインストリート整備進む

西脇道路は、西脇市中心市街地と国道175号を結ぶ市の玄関口となるメインストリートで、西脇市役所新庁舎・市民交流施設や、旧来住家住宅、播州織工房館などへのアクセス道路として、まちの賑わいづくりや観光振興を支えるとともに、災害時の緊急輸送道路として重要な役割を担う幹線道路です。

県では、当該道路が幅員狭小で歩道も整備されていないため、国道175号接続部から順次拡幅工事を進めており、平成26年度から下戸田工区(L=220m)の道路拡幅事業に着手し、この度、12月20日に完成する運びとなりました。

なお、下戸田工区から西に続く上野工区(L=340m)は、今年度から事業着手し、設計業務を進めています。さらに、その西の東本町工区(L=520m)は、来年度から事業化する予定であり、引き続き、西脇道路の整備推進に取り組んでいきます。

【事業概要】

 1.名称:国道427号西脇道路(下戸田工区)

 2.場所:西脇市下戸田

 3.延長:延長220m

 4.幅員:全幅18.0m

     車道幅員9.5m、自転車専用通行帯1.5m×2(両側)※、歩道2.75m×2(両側)

     ※自転車専用通行帯は、上野工区完成後に路面表示を行う予定

 5.事業費:約7.5億円

 6.事業期間:平成26年度~令和元年度

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。