ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 北播磨県民局 > 【第7回】残しておきたい“ふるさと北播磨”写真コンテスト入賞作品一般部門

ここから本文です。

更新日:2021年3月8日

第7回残しておきたい“ふるさと北播磨”写真コンテスト入賞作品(一般部門)

「第7回残しておきたい“ふるさと北播磨”写真コンテスト」一般部門の入賞作品は、以下のとおりです。

写真のタイトルをクリックいただくと、写真が表示されます。

一般部門:最優秀賞 (1点)

【棚田の里に銀河】(PDF:4,345KB)

多可町:岩座神

都倉 重忠(とくら しげただ)

天の川がかかる岩座神の棚田の空です。そこには人々の静かな暮らしがあり、日本の原風景となっています。

一般部門:優秀賞(3点) 

 【カイチの秋】(PDF:655KB)

西脇市:黒田庄町

藤井 建(ふじい たつる)

黒田庄町大門字カイチの釣瓶落としの夕陽を撮影していて、ふと目線を下げてみると収穫の轍跡に昨夜の雨がいく秋を惜しむように円を描いて、それは、宙の星の輝きに似て。

 

【刻の移ろい】(PDF:1,263KB)

加東市:播州清水寺

林 雅美(はやし まさみ)

播州清水寺は紅葉の季節になると銀杏や紅葉で境内は色彩豊かに彩られます。この日大銀杏の根元は一面の黄色い絨毯が広がり夕陽に煌めく紅葉に心躍るシーンに出会いました。この美しい光景を見て残しておきたいと思いました。

 

【何かいるかな】(PDF:5,914KB)

多可町:余暇村公園

加藤 誠司(かとう せいじ)

多可町の余暇村公園は自然豊かな公園であり、特に秋の紅葉が綺麗です。きれいな紅葉が映りこんだ池の中を子供たちが生き物を探していました。何かいるのでしょうか。

 一般部門:特別賞(10点) ※令和2年度より新設

 【銀杏の神様が舞い降りて】(PDF:1,416KB)

加西市:網引駅大銀杏

吉田 義春(よしだ よしはる)

まるで銀杏の神様が舞い降りてきたと思えるような神々しい夕景でした。

 

【湯立てに込める】(PDF:1,890KB)

多可町:鳥羽青玉神社

荒木 孝允(あらき たかよし)

今年はコロナによる影響による関係者のみと近所の人たちは少なくお参りしての湯立てでした。

 

【春の訪れ】(PDF:1,561KB)

加東市:千鳥川付近

堀内 千鳥(ほりうち ちどり)

コロナで訪れる人も少なく、ひっそりしていましたが、和服姿のカップルが現れ、見ている私も少し元気付けられました。

 

【夕焼け列車】(PDF:3,836KB)

加西市:北条鉄道網引駅付近

明野 敏行(あけの としゆき)

田植えが始まる頃、田んぼに水を張っています。列車が通ると水面に浮かびあがり、夕焼けと共に美しい風景になります。

 

【長閑なる】(PDF:3,787KB)

加西市:網引町

佐々木 和彦(ささき かずひこ)

田植えの直前です。水を張った田んぼと彼方に見える山並み。その間を1両のディーゼルカーと自転車の3人組が走ります。時間がゆっくりと流れる長閑さを感じました。

 

【山に彫られた彫刻】(PDF:1,400KB)

加西市:長石砕石場

佐々木 裕美(ささき ひろみ)

善防の山並みに白い山肌を見せているのが、長石の採石場。近寄って見ると、削り採られた跡が陽に輝らされて荒々しい姿を見せている。古墳時代から採掘が行われ、播磨地方の石造文化を生み出してきた。今も現役である。

 

【火炎】(PDF:248KB)

三木市:東光寺

國廣 篤(くにひろ あつし)

大護摩は火炎のすさまじい勢いと熱気にあふれています。

 

【変わりゆく飛行場跡地】(PDF:3,486KB)

加西市:鶉野飛行場跡

片島 康広(かたしま やすひろ)

近年、常に変わりつつある飛行場跡を熱気球に乗せてもらった時に上空から撮影しました。

 

【大丈夫かなぁ】(PDF:3,155KB)

三木市:伽耶院

清光 静枝(きよみつ しずえ)

伽耶院は一年を通して散策できる古刹です。沢山のお地蔵さまもにこやかに私達を迎えてくれます。コロナが収束しない今、お地蔵さまもマスク姿で佇んでいます。

 

【花の海を行く】(PDF:1,363KB)

小野市:ひまわりの丘公園

松野 良信(まつの よしのぶ)

夏にはひまわり、秋にはコスモスが咲きほこります。お花畑の中を通る道にバスが。まるで花の波をかきわけながら進むよう。

一般部門:佳作(10点)

 【早朝の水正池】(PDF:3,481KB)

加西市:水正池

三井 正明(みつい まさあき)

白鳥の飛来地として有名な水正池。早朝の霧のかかった、かすかに陽が差す中で羽を休めている白鳥とのコラボが幻想的で、いつまでも残したい風景である。

             

【朝の光を浴びて】(PDF:5,479KB)

小野市:小野桜づつみ回廊

橋本 利一(はしもと としかず)

全長4kmの桜並木、農家の協力で、水面にも桜並木が写り込み、美しい風景が出現しました。

             

【窟屋の黄金水】(PDF:1,183KB)

三木市:志染の石室

山本 知子(やまもと ともこ)       

石室の中に湧く水が、ここに生息している。天然記念物(ひかり藻の作用で)。春には溜まり水が金色に輝き、別世界が見られます。現在の自然環境を未来に残しておきたい場所です。

 

【刈り田に憩う】(PDF:3,629KB)

加西市:東剣坂町

佐藤 文彦(さとう ふみひこ)

関係者の努力によりこの地でも”こうのとり”が散見されるようになりました。群れで飛来したのは初めてで、ケージの中ではなく、人の生活の場で観察できるのはすばらしいこと。優しく見守りたいものです。

             

【子供(雛)を見守るフクロウの親】(PDF:3,274KB)

加西市:谷口町

田中 守(たなか まもる) 

フクロウ用の巣箱に生まれて、無住寺の庭に落ちて来たフクロウの雛。天敵等に襲われないようにしばらく保護して放鳥前雛を桜の枝に止めた時の写真。自然の中のフクロウの姿が良く似合う。子供を見守る親の姿も写っている。

 

【菜の花とハスのコラボ】(PDF:6,309KB)

加西市

内山 義夫(うちやま よしお)

以前から気になっていた蓮池で、桜を撮りに行く途中立ち寄ってみたら満開の菜の花と、朽ちたハスの花が風で打ち寄せられていて珍しい組み合わせと思い夢中で撮りました。

 

【不浄を払う】(PDF:3,896KB)

三木市:蓮花寺

山口 剛(やまぐち かたし)           

コロナ禍の時代、人々の心は不安定で思い切り手足を伸ばして行動したい気持ちを抑えざるを得ない、こんな中でせめて悪霊を払う火の粉にすがりたい。

 

【蓮池のマリオネット】(PDF:659KB)

加東市:平池公園

藤原 秀(ふじわら すぐる)

平池公園には、チョウトンボが多く舞っていて、かわいいです。

 

【ハスの咲く池】(PDF:4,991KB)

三木市:三木山森林公園

渡邊 俊幸(わたなべ としゆき)

三木山森林公園内には大きな池と原っぱがあり、散策や虫取りをしたりする子供達でにぎわっている。もう秋というのにハスの花が咲いていて、自然いっぱいの公園です。

 

【ちょっとひとやすみ】(PDF:9,424KB)

加東市:播州清水寺

山本 弘美(やまもと ひろみ)

外出がままならない、コロナの時期は、家族で身近な登山を楽しみました。

 

 

問い合わせ先

〒673-1431
加東市社字西柿1075-2
兵庫県北播磨県民局県民交流室県民・商工観光課
「残しておきたい“ふるさと北播磨”写真コンテスト」係
TEL(0795)42-9350 FAX(0795)42-7535

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:北播磨県民局 県民交流室

電話:0795-42-9350

FAX:0795-42-7535

Eメール:kharimakem@pref.hyogo.lg.jp