ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > ブランド化 > 平成30年度6次産業化プランナーの募集について

ここから本文です。

更新日:2018年5月8日

平成30年度6次産業化プランナーの募集について

兵庫県では、農林水産業の6次産業化を進めるため、「兵庫6次産業化サポートセンター」(「農」イノベーションひょうご推進協議会が運営)を設置し、6次産業化プランナーの派遣や産地支援を行っています。

このたび、6次産業化等に取り組む農林漁業者等を支援する人材として活動する「6次産業化プランナー」を下記のとおり募集します。

業務内容・条件

業務内容

  1. 6次産業化に取り組む農林漁業者等の経営の発展段階に即した課題の解決に向けた個別相談
  2. 地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(平成22年法律第67号)第5条第1項に基づく総合化事業計画の認定に向けたサポートや当該認定後のフォローアップ
  3. サポートセンター又は兵庫県が主催する研修会等への出席
  4. サポートセンターが依頼する研修会及び交流会等での講師など

条件

謝金(相談1時間あたり7,000円)および旅費を支給します。

登録期間

登録日から平成31年3月31日(土曜日)まで

応募資格

次の(1)から(3)までの要件をすべて満たしていること。

(1)学識要件

以下の分野について一定の知見を有しつつ、そのうち1以上の分野について専門的知見を有していること。

<6次産業化プランナーに係る専門分野>

1.農林水産物の生産技術 9.品質管理 17.輸出
2.農林水産物の加工技術 10.生産管理 18.経営管理
3.新商品企画の情報収集・分析 11.小売 19.資金調達
4.新商品企画 12.サービスの提供 20.6次産業化事業体の設立
5.新商品の商品設計 13.補助事業の情報収集 21.雇用・人材育成
6.新商品の販路開拓 14.他事業者とのネットワーク 22.その他(知的財産、IT等)
7.広告・宣伝 15.法令  
8.ブランディング 16.宗教(ハラル認定取得等)  

 

(2)経験要件

6次産業化に関する案件について、コーディネート業務に携わったことがあり一定の成果をあげていること。または、それと同等の経験を有していること。

(3)コミュニケーション能力要件

以下の要件を全て満たしていること。

  1. 6次産業化に関係する分野の人物、機関等との連携が可能なこと。
  2. 6次産業化に関する支援措置や事業計画の作成に関し、事業者に対して丁寧に相談に応じ、的確な指導・助言をする能力を有すること。

募集人員

4名程度

応募期間

平成30年5月9日(水曜日)から5月24日(金曜日)まで

募集要項・申請書類

平成30年度6次産業化プランナー募集要項(PDF:248KB)

【別紙様式1】選定申請書(ワード:28KB)

関連資料

6次産業化プランナー設置要綱(PDF:373KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局総合農政課 農林水産政策班

電話:078-362-9216

内線:4075

FAX:078-362-4458

Eメール:sougounousei@pref.hyogo.lg.jp