ホーム > 食・農林水産 > 楽農生活 > 体験・学習 > 但馬で野菜づくりを学んでみませんか?~但馬楽農講座2018受講生募集~

ここから本文です。

更新日:2018年3月5日

但馬で野菜づくりを学んでみませんか?~但馬楽農講座2018受講生募集~

自然豊かな但馬地域で、有機栽培での野菜づくりを学んでみませんか。
兵庫県では、「農」に親しむ機会を創出することを目的として、但馬地域で作物の栽培技術等を学ぶ「但馬楽農講座」の受講生を募集します。

講座の特徴

野菜づくりを基礎から学んでみたい方、有機栽培に挑戦したい方など、初心者から経験者まで幅広い皆さまに受講いただけます。

1.少人数制
アットホームな雰囲気で質問もしやすく、受講生同士の交流も盛んです。
2.手軽に参加
農具・種苗は準備しますので長靴ひとつで受講可能です。
3.初心者でも安心
実習ほ場は共同で管理するので初心者や忙しい方でも安心して受講いただけます 

募集内容

内容 「人と環境にやさしい有機栽培」での農作物作りに関する講義や実習
座学:農業の基礎知識についての講義
実習:ほ場での野菜栽培実習及び但馬の先進農家視察
※具体的なカリキュラムは募集チラシを参照
対象者 野菜づくりを基礎から学んでみたい方、有機栽培に挑戦したい方、田舎暮らしに興味のある方など。
期間 平成30年5月12日(土曜日)~12月15日(土曜日)※全20回
時間 10時30分~15時00分(座学:10時30分~12時00分、実習:13時00分~15時00分)
受講料 25,000円(消費税込み、種苗・資材費含む)
※ご夫婦、ご家族単位で受講される場合でも25,000円で受講できますので、ご相談ください。
募集定員 20名(応募多数の場合は抽選)
研修場所

よふど温泉(もやいの里)(朝来市山東町森字極楽108番地)及び隣接ほ場
※北近畿自動車道山東インターより車で約10分
講座を実施する与布土地域をご紹介します(案内マップ)(JPG:2,920KB)
朝来市与布土イラストマップ

現地見学会

講座の内容を知りたい、研修する施設・ほ場を見てみたいという方を対象に、事前の現地見学会を開催します。
興味のある方は、事務局まで気軽にお問い合わせ下さい。

日時:平成30年4月14日(土曜日)10時30分から
場所:よふど温泉(もやいの里)

申込み・問合せ先

募集チラシ裏面の受講申込書に必要事項(氏名、住所、電話番号、メールアドレス等)を記入し、事務局までファックスいただくか、電話にてお申込みください。

  1. 申込み締切り
    平成30年4月30日(月曜日)(応募多数の場合は抽選)
  2. 申込み・問合せ先
    但馬楽農講座事務局(与布土地域自治協議会内)
    TEL・FAX:079-676-3030(電話は月曜日~金曜日の9時00分~16時00分)

募集チラシ兼受講申込書ダウンロード(PDF:819KB)

過去の講座の様子

受講生の声

講座を受講された方から寄せられた声を一部ご紹介します。

「講座をきっかけに、もっとこの地域で農業を学びたい」
都会で生活しながらも農業を学びたいという思いがあり、たまたまホームページで見つけた講座に応募しました。兵庫県にゆかりもなく、遠方からの参加でしたが、講師やスタッフをはじめ皆さんに親切にしていただきました。都会ではできないことを体験することができ、楽しく農業について学ぶことができました。今後も与布土地域で農業を学んでいきたいと考えています。
(大阪府在住 30代 女性)

「目からウロコの栽培技術が大変勉強になりました」
数年前に田舎暮らしへの憧れもあり朝来市へ移住。子どものために有機栽培での野菜づくりを学んでみたいという思いから受講しました。講座は少人数制で質問にも丁寧に答えていただけました。野菜栽培全般を基礎から学ぶことができ、プロの農家も指導してこられた先生ならではの「ウラ技」が大変ためになりました。これから学んだことを活かして、安全・安心な農作物づくりを実践していきたいです。
(朝来市在住 40代 男性)
「皆で和気あいあいと楽しく野菜栽培を学ぶことができました」
自己流の家庭菜園しかしたことがなかったので、野菜栽培を改めて基礎から学びたいと思い受講しました。農業をされている方から、私のように家庭菜園程度の方、農業初体験の方もいましたが、ほ場は受講生で共同管理するので、皆で助け合いながら和気あいあいと学ぶことができました。今後は講座で学んだことを新たに借りた農地で実践していくことが楽しみです。
(朝来市在住 60代 男性)


その他、講座に対する受講生のアンケート結果を紹介します。

但馬楽農講座2017受講生アンケート結果(PDF:136KB)

但馬楽農講座2017の実施の様子

平成29年度5月から12月にかけて実施しました「但馬楽農講座2017」の実習風景をご紹介します。

但馬楽農講座2017活動記録(PDF:2,299KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局楽農生活室 楽農生活班

電話:078-362-9198

FAX:078-362-4458

Eメール:rakuno@pref.hyogo.lg.jp