ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 廃棄物・リサイクル > 普及啓発(H20)

ここから本文です。

更新日:2016年3月29日

普及啓発(H20)

兵庫県における「農」のゼロエミッションを推進するため、県民のみなさまにバイオマス利活用の必要性をご理解いただく機会として、「農」のゼロエミッション推進大会を開催しました。
「農」のゼロエミッション推進大会では、平成20年度の「ひょうごバイオマスecoモデル」の講評を松井繁朋会長からいただいた後、登録証授与式を行いました。
また、その後、各登録事業者による事例発表及び意見交換会を実施しました。

普及啓発(平成20年度)

平成20年度登録事業者

1.開催日時
平成21年2月12日(木曜日)13時30分~17時00分
2.開催場所
パレス神戸2階 大会議室
3.開催内容
(1)平成20年度ひょうごバイオマスecoモデル登録審査講評
ひょうごバイオマスecoモデル登録制度推進委員会会長 松井繁朋氏(県立工業技術センター特別顧問)
(2)登録証授与式
(3)事例発表・意見交換
平成20年度登録事業者による事例発表

事業者名

取組内容

大栄サービス株式会社 食品廃棄物(廃棄飲料や汚泥、動植物性残さ等)によるバイオマス固形燃料の製造
わかば学園 廃食用油によるバイオディーゼル燃料製造・利用
東原畜産 食品廃棄物(菓子くず、動植物性残さ等)による養豚飼料の製造・利用
株式会社クワちゃんハウス 廃ほだ木や廃菌床等による昆虫飼育資材の製造
有限会社清美社 廃食用油によるバイオディーゼル燃料製造・利用
有限会社杉本商店 竹による飼料・土壌改良材の製造
(4)その他
2階ロビーにて、ecoモデル登録事例等の製品、パネル等の展示を行いました。

松井繁朋会長による審査講評

事例発表

パネル等展示


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:農政環境部農政企画局消費流通課

電話:078-362-9213

FAX:078-362-4276

Eメール:shohiryutsu@pref.hyogo.lg.jp