ホーム > 食・農林水産 > 林業 > 木材利用促進 > ひょうごの木造・木質化作戦

ここから本文です。

更新日:2019年7月10日

ひょうごの木造・木質化作戦

兵庫県では、次の3つを施策の柱として展開し、県産木材の需要拡大を図っています。
また、需要に応じた木材の供給体制を整備することで、健全な森林の育成につながることをめざしています。

公共施設の木造・木質化の推進

【施設の写真】

県や市町等の率先行動として、本年度も引き続き、公共施設の木造化又は内装木質化を進めるとともに、公共土木工事における県産木材の利用を推進する。

詳細は「公共施設等木造・木質化50%作戦」ページをご覧ください。

県産木材を利用した木造住宅の建設促進

【室内の様子】

木材利用の大半を占める県産木材利用木造住宅の建設を促進するため、兵庫県産木材利用木造住宅特別融資制度の普及に努めるほか、伐採現場等の産地見学会などを開催する。また、住宅展示相談会等における県産木材のPRを推進する。


身近な木製用品を活用した普及啓発活動の推進

【プランター】

県産木材製品のカタログを作成するとともに、ひょうご木材フェアやひょうご森のまつりなどのイベントを通じ、県産木材を利用した住宅内装材や家具、玩具など、身近な暮らしの中に木材を取り入れる生活を提案する。

詳細は「暮らしの中に木材を取り入れる運動」ページをご覧ください。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局林務課

電話:078-362-9224

FAX:078-362-3954

Eメール:rinmuka@pref.hyogo.lg.jp