ホーム > 食・農林水産 > 水産業 > 豊かな海の再生 > 沼島地区 特定漁港漁場整備事業

更新日:2020年11月5日

ここから本文です。

沼島地区 特定漁港漁場整備事業

現在、県では沼島地区(南あわじ市)で特定漁港漁場整備事業(PDF:2,541KB)を実施しています。

 

沼島地区は県の最南端に位置し、南海トラフ地震による津波到達時間が県下で最も早く(44分)、現況ではレベル1 津波、レベル2 津波(※)とも防潮堤を越流し、集落のほぼ全域が浸水すると想定されています。

 

※ レベル1津波 発生頻度が高い津波(従来の県地域防災計画の想定津波)

  1. 想定地震動:M8.4(安政南海地震並み)
  2. 発生頻度等:概ね100年に1回発生

レベル2津波 最大クラスの津波(新たな想定津波)

  1. 想定地震動:M9.0クラス(最大クラスの地震)
  2. 発生頻度等:発生頻度は極めて低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす

沼島地区特定漁港漁場整備事業では、浸水被害の軽減及び大規模災害後の漁業早期再開を図るため、漁港への入り口に「港口水門」を新設するとともに、水門と一体となり津波防護ラインを形成する防波堤の嵩上げ等を実施します。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局漁港課

電話:078-362-9232

FAX:078-362-3968

Eメール:gyokouka@pref.hyogo.lg.jp