ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 節電対策 > 今夏の省エネルギーの呼びかけについて

ここから本文です。

更新日:2019年6月10日

今夏の省エネルギーの呼びかけについて

国における検証によると、全国及び関西エリアの今夏の電力供給については、安定供給に最低限必要とされる予備率3%以上を確保できる見込みとされています。

このため、ひっ迫回避のための特別な取組の必要性はないと見込まれますが、関西広域連合では、温室効果ガスの排出を抑え地球温暖化を防止するために、特にエネルギー消費量が増加する夏期において、定着してきた省エネ取り組みを引き続き行っていただけるよう、「関西夏のCOOL CHOICE」として、夏の省エネルギーを呼びかけます。

また、県庁自らも、率先行動として、廊下や執務室の間引き消灯や、夏のエコスタイルによる適正冷房の実施に取り組むとともに、庁内のパソコンやロビーに設置したモニターで電力使用量をリアルタイムで表示する「電力の見える化」を進めます。

県民の皆様には、無理のない範囲での省エネルギーへのご協力をお願いします。

今夏の省エネルギーのお願い

エアコン28℃設定やこまめな消灯、冷蔵庫の温度設定を弱めるなど、日常の業務や生活の中で実施可能な省エネルギー・節電を実践していただくようお願いします。

省エネ呼びかけチラシ(関西広域連合)(PDF:2,605KB)


〔留意事項〕

  • 高齢者や乳幼児、体調が悪い方のおられるご家庭には、熱中症など健康上の支障をおよぼさない範囲での節電をお願いします。
  • 産業活動や病院、福祉施設、鉄道などのライフライン機能、都市機能等の維持に支障を生じない範囲での協力をお願いします。

家庭での省エネルギー対策

 

省エネ行動の例

冷房時は室温28℃

使用していない機器のスイッチOFF

軽装で快適に過ごす

冷蔵庫の設定温度を「強」から「中」に

 

 

高齢者や乳幼児、体調が悪い方がいる家庭に負担をかけてまでお願いするものではありません。

 

 

家庭での省エネルギーの取り組みを支援する事業

事業名

概要

うちエコ診断(外部サイトへリンク)

各家庭の年間エネルギー使用量や光熱費、ライフスタイルを基に、省CO2、省エネルギー対策を提案(診断は無料)

HEMS機器設置補助金(外部サイトへリンク)

家庭内のエネルギー使用状況を見える化し、エネルギー使用の削減を可能にするホーム・エネルギー・マネジメントシステム(HEMS)を新たに設置する費用の一部を補助

※詳細は、(公財)ひょうご環境創造協会のホームページをご覧ください。

みんなでお出かけクールシェアの実施

関西広域連合では、家庭の電気を消して美術館・博物館などの施設を出かけることにより、楽しみながら家庭の省エネを進める「みんなでお出かけクールシェア」を実施します。
実施期間:令和元年7月1日(月曜日)~9月30日(月曜日)

  みんなでお出かけクールシェア施設一覧(PDF:98KB)

県立施設クールスポットの設定

関西広域連合が実施する「みんなでお出かけクールシェア」の一環として、県では、家族全員で外出し、一定期間涼むことができる県立16施設を「クールスポット」に設定します。ぜひご利用ください。
実施期間:令和元年7月1日(月曜日)~9月30日(月曜日)

対象施設:17施設

(有料施設:9施設)

県立美術館(外部サイトへリンク)歴史博物館(外部サイトへリンク)人と自然の博物館(外部サイトへリンク)考古博物館(外部サイトへリンク)横尾忠則現代美術館(外部サイトへリンク)兵庫陶芸美術館(外部サイトへリンク)人と防災未来センター(外部サイトへリンク)円山川公苑美術館(外部サイトへリンク)舞子海上プロムナード(外部サイトへリンク)

(無料施設:8施設)

こどもの館(外部サイトへリンク)県立図書館(外部サイトへリンク)丹波年輪の里(外部サイトへリンク)ひょうご環境体験館(外部サイトへリンク)コウノトリの郷公園(外部サイトへリンク)兎和野高原野外教育センター(木の殿堂)(外部サイトへリンク)但馬牧場公園(但馬牛博物館)(外部サイトへリンク)西はりま天文台(外部サイトへリンク)

熱中症にご注意!

室内で熱中症を発症する事例も多数報告されています。高齢者や乳幼児、体調の悪い方のおられるご家庭は、特に注意が必要です。

<熱中症の症状>

筋肉痛や大量の発汗、さらには頭痛や吐き気、倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起こります。

<予防のポイント>

  • のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分補給する
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服を着用する
  • 保冷剤、氷、冷たいタオル、シャワーなどで体を冷却する

※部屋の温度をこまめに測り、無理せずエアコンを使用しましょう。

チラシ「熱中症予防のために」(PDF:224KB)

兵庫県として取り組む対策

<職員省エネ行動>
[全般]

[照明]

  • 廊下の3分の2消灯、執務室の4分の1消灯、昼休み消灯 等

[空調]

  • 夏のエコスタイルによる適正冷房の実施(設定温度:28℃)

 

※県行政と密接な関連のある公社等に対しても、同様の取組を行うよう要請する。

<県施設省エネ化改修等>

  • 県立高校等の照明・誘導灯高効率化、県施設省エネチューニングによる設備・機器類の最適調整 等

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局環境政策課

電話:078-362-9081

FAX:078-362-4024

Eメール:kankyouseisakuka@pref.hyogo.lg.jp