ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 廃棄物・リサイクル > 東日本大震災で発生した災害廃棄物について

ここから本文です。

更新日:2017年4月18日

東日本大震災で発生した災害廃棄物について

東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域的な処理について、国及び関西広域連合からの要請を受け、兵庫県は「関西広域連合における東日本大震災の災害廃棄物処理に関する考え方」に基づき、災害廃棄物の受入に向け、関西広域連合や県内市町、大阪湾広域臨海環境整備センター等の関係機関と連携し取組を進めてまいりましたが、平成24年8月7日付けで環境大臣から知事あてに「東日本大震災に係る災害廃棄物の処理工程表について」通知があり、以下の内容が示されました。

  1. 岩手県の可燃物・木くず及び宮城県の可燃物は、目標期間内の処理が実現できると
    見込まれ、新たな受入先の調整は行わないこと。
  2. 宮城県の木くずは、再生利用の受入先に限定し、近県での処理を優先して調整を
    行うこと。

これまで、受入に向けた御検討をいただいた市町及び住民の皆さま方に心から感謝申し上げます。

<参考>

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境管理局環境整備課

電話:078-362-3281

FAX:078-362-4189

Eメール:kankyouseibika@pref.hyogo.lg.jp

関西広域連合
東日本大震災の災害廃棄物広域処理について
http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=625&preview=on