ホーム > まちづくり・環境 > 環境 > 野生鳥獣 > 野生鳥獣の農林業被害額状況について(平成30年度実績)

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

野生鳥獣の農林業被害額状況について(平成30年度実績)

平成30年度の野生鳥獣による農林業被害金額は、前年度に比べて5億79百万円と68百万円の増加となりました。

獣種別の農林業被害では、シカ(2億20百万円、前年比+44百万円)とイノシシ(2億20百万円、前年比+38百万円)が7割を占めています。

その他獣類の林業被害額は、平成25年度、平成30年度:ノウサギによる被害、平成26年度~27年度:ツキノワグマによる被害になります。

 

獣種

被害

平成26年度

平成27年度

平成28年度

平成29年度

平成30年度

イノシシ

農業被害

244,000千円

218,362千円

195,130千円

182,548千円

220,091千円

シカ

農業被害

159,635千円

132,432千円

122,109千円

106,073千円

155,537千円

林業被害

66,438千円

62,558千円

60,285千円

69,664千円

64,743千円

アライグマ

農業被害

65,042千円

64,332千円

58,952千円

56,604千円

54,909千円

サル

農業被害

8,255千円

4,869千円

5,761千円

5,761千円

4,944千円

その他獣類

農業被害

14,450千円

19,234千円

18,618千円

18,212千円

17,044千円

林業被害

575千円

575千円

-

-

3,117千円

鳥類

農業被害

70,321千円

69,049千円

70,061千円

63,309千円

58,854千円

農業被害計

561,703千円

508,278千円

470,631千円

432,507千円

511,379千円

林業被害計

67,012千円

63,133千円

60,285千円

69,664千円

67,860千円

合計

628,715千円

571,411千円

530,916千円

502,171千円

579,239千円

市町別の被害及び対策状況一覧(PDF:42KB)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部環境創造局鳥獣対策課

電話:078-362-3463

FAX:078-362-3069

Eメール:choujutaisaku@pref.hyogo.lg.jp