ホーム > 2018年10月記者発表資料 > 介護分野の技能実習制度に係るベトナムの送出機関との契約の締結

ここから本文です。

介護分野の技能実習制度に係るベトナムの送出機関との契約の締結

2018年10月12日

担当部署名/健康福祉部社会福祉局社会福祉課福祉企画班  直通電話/078-362-4094

平成29年11月に外国人技能実習制度に「介護職」が対象となったことを踏まえて、兵庫県社会福祉協議会では、県・神戸市の支援を受けて、外国人技能実習生の受入支援のための監理団体となるべく準備を進めているところですが、このたび、県社会福祉協議会とベトナムの送出機関であるJVSグループ株式会社との間で技能実習生の送出・受入に関する契約が成立しました。

1 契約等の概要
(1)JVSグループ株式会社代表取締役会長:NGUYEN TUAN ANH(グエン・トアン・アン)
   所在地:ハノイ市 政府認可番号:868/L?TBXH-GP (ベトナム政府第1号の介護実習生送出し許可)
   特 徴:2万2千坪の日本式実習生訓練センターを持つベトナム最大規模の送出し機関である。また、日本へ特化した送出し機関で、経営陣が元日本政府国費留学生・元技能実習
       生・日本人等で運営されている。
(2)契約の内容技能実習の基本的枠組、業務提携による職業紹介、技能実習生の処遇、送出機関・監理団体の役割・義務、費用負担 等

2 今後の予定
(1)県社協において監理団体の申請に必要な書類(送出機関との契約書等)を整えた上で、監理団体の許可申請を外国人技能実習機構に提出。
(2)監理団体許可後、ベトナムにおいて技能実習生の選考等を行う。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。