ホーム > 2019年3月記者発表資料 > 兵庫県地域創生ユースチーム活動報告会を開催

ここから本文です。

兵庫県地域創生ユースチーム活動報告会を開催

2019年3月1日

担当部署名/企画県民部地域創生局地域創生課中播磨・西播磨担当  直通電話/078-362-4374

 県では、若者目線での施策の企画・立案や、SNS等を活用した新しいひょうごのイメージづくりとその内外への発信に取り組むため、大学生、アンダー35の県・市町職員からなる「地域創生ユースチーム」を結成し、平成30年1月から活動してまいりました。
 総勢45名(のべ数、うち4名は平成30年3月まで参加)の若者が6グループに別れ、それぞれが2年に渡って取り組んできた検討結果を県に「提案書」として手渡すとともに、その内容について熱く発表します。

1 報告会の概要
(1)日時 平成31年3月11日(月曜日) 午後1時30分から4時30分まで(受付は午後1時から)
(2)場所 農業共済会館7階大会議室
(3)プログラム
 <第1部>
 13時30分 開会あいさつ
 13時40分 「ユースチーム提案書」の提出
 13時45分 各グループ活動報告(1グループ 15分程度) 
  1)キャンパー(大学生が考える日本酒と地域創生)
  2)トレジャーハンター(丹波篠山のお宝を発見してみよう!)
  3)ひょうごの何しっとん?(トランプによる兵庫の魅力発信)
  4)地域コン(地域間交流を通じた地域の活性化)
  5)もっと来てもらい隊(留学生等による北播磨の魅力発信)
  6)よっ!友(住民のつながり促進によるまちづくり)
 ※発表グループの順番は変更になる場合があります
 15時15分 全体講評

 <第2部>
 15時25分 全体意見交換会「テーマ:ユースチームの取組から考える地域創生のポイント」
 ※ユースチームの活動を踏まえ、会場の全員で兵庫の地域創生についてグループディスカッション。
 16時30分 終了
 
2 ユースチームの構成 – 平成31年3月1日時点 -
 概ね35歳以下の県職員、市町職員と大学生で構成。
 <大学生 33名、県・市職員 8名、計41名。(平成29年度のみ参加者:4名)>

3 報告会の公開について
(1)参加希望者は、開会予定時刻の10分前までにお越し下さい。人数制限は特に設けていませんが、スペースの関係上、参加をお断りすることがあります。
(2)報道関係者については、上記に関わらず、取材可能です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。